下重暁子(しもじゅうあきこ)の経歴とプロフィール!夫や子供についてと自転車も!

シェアする

スポンサード リンク

下重暁子さん

数々の著書で有名ですが

もともとNHKのアナウンサーをされていたそうです。

びっくりしました。

下重暁子プロフィール

生年月日:1936年5月29日 (79歳)

出身地:栃木県

学校:早稲田大学教育学部国語国文科

NHKは最初名古屋で勤務されていたそうで

後に東京で勤務となり

人気アナウンサーになったそうです。

スポンサード リンク

その後フリーになり

『長谷川肇モーニングショー』等のキャスター

を経て

文筆業に入られたそうです。
すでに50冊以上の本を執筆

特に有名なの著書
『家族と言う病』


38万部売れたそうです。

題名からして興味をひかれます。

わたしも読んでみたいです。

家族の問題って人それぞれが抱えていますよね。

下重さんのお父様は職業軍人

有名な226事件クーデタ-に参加した

将校たちと同期だったそうです。

戦後は職を追われ

それまでの毅然とした態度を失ってしまった父親や

その父を受け入れる母親への反発があったそうです。

「家族と言う病」

には

「一家団欒」

への幻想など

家族であるが故の

重荷や苦労について書かれています。

わたしも両親の離婚で

一家離散しています。だのに

家族や親せきの借金問題とか

そういうのだけは

血縁関係だというだけで

関係ない自分に乗りかかってきて

確かに家族ってめんどうだなって

思うことが多いです。
書評と読むと

評価は低いですね。

・これは単に家族に対する愚痴だ

・子育てや介護の経験もないので内容が薄い

など。

ただ販売部数を考えると

単に愚痴ってるだけ

ではないと思います。

共感されるかたの意見も多いはずです。

下重暁子さんは結婚しているの?

3歳年下のご主人がいるようです。

お子さんはいらっしゃらないようですね。

ご主人はとても家庭的?

ご主人は家庭的な方で

お料理が得意だとか

家事一切ご主人が仕切っていらっしゃるようです。

いいですね。でも卒婚?

卒婚とは

婚姻関係はそのままで

夫婦がお互いに自由に生きる道を選ぶというもの。

芸能人の方も

卒婚を宣言されている方が

いるそうです。

家事が得意なご主人と

執筆活動で忙しい奥様

もう形上は卒婚

家庭内別居と言える状態なのでは

ないでしょうか。

女子競輪の初代会長!

下重さんは

日本自転車振興会の会長を2005年から2012年まで

務めています。

自転車が好きなんですね。

女子競輪の再開を強く要望され

2008年にエキシビションながらも

女子のケイリンレース実施を実現、

女子競輪を2012年7月に復活

させることを決定したそうです。

わたしは6月に女子競輪みに行きました!

レース用の自転車が女子と男子では違って

女子の競輪はかわいい印象です。
「家族と言う病」が評価が低いのは

読者がそれぞれの家族への苦悩や問題を抱えていて

自分のそれと重ね合わせるからかなと思いました。

何らかの苦悩の対する答えを期待して。

答えがあれば評価も高くなり

そうで無ければ評価も低くなる

そんな感じじゃないかなと思います。

答えを見つけるのは簡単ではありません。
最近はバラエティー番組などへの出演もある下重さん

番組でも家族に対しての持論を繰り広げるんだと思われます。

下重暁子さんの

発言に注目です。

スポンサード リンク