本田美奈子.の「.」の意味は?音楽への思いや病気と家族について!

シェアする

スポンサード リンク

ミュージカルスターとして活躍していた

本田美奈子.さんが

病気のため夭逝してから

ちょうど今年で10年だそうです。

先日本田さんと同期の

方たちによる

追悼コンサートや開かれました。

本田美奈子.プロフィール

本名:工藤美奈子

生年月日:1967年7月31日

没:2005年11月6日(38歳)

出身地:東京都葛飾区、埼玉県朝霞市

学校:東京成徳短期大学附属高等学校入学も

その後 堀越高等学校へ

スポンサード リンク

アイドルとしてのデビュー

本田さんは1983年に原宿を歩いていたところをスカウトされて

デビューのきっかけになったそうです。

1985年「殺意のバカンス」でデビュー

1968年「1986年のマリリン」が大ヒット。
1990年 ミュージカル「ミス・サイゴン」のオーデションに

1万5000人の中からヒロインキム役に選ばれ

歌唱力、演技力が高く評価されます。

その後活躍の場はミュージカルへと移ります。

1992年「ミス・サイゴン」初演

1994年「屋根の上のバイオリン弾き」ホーデル役

1996年「王様と私」タプチム役で出演

1997年「レ・ミゼラブル」エポニーヌ役

その後もチャリティーコンサートで「蝶々夫人」を熱唱。

またアルバムの発表や

歌手として女優としての活躍が続きました。

2002年には「ひめゆり」で日本で制作されたミュージカルへの初の出演となりました。

白血病との闘い

歌手としても女優としても順風満帆だった

2004年末ごろから風邪の症状が治らず受診、

2005年1月「急性骨髄性白血病」と診断され、

闘病を余儀なくされました。

抗ガン剤による化学療法も2度受けますが

大きな効果は無かったそうです。

白血病の中でも

予後不良の治療抵抗性の白血病だったそうです。

5月には臍帯血移植を受けます

その後も抗がん剤の治療を続けたそうです。

その後肺への合併症から

容態が悪化し11月6日に

ご家族に見守られながら亡くなったそうです。

享年38歳

本田美奈子.さんのご家族は?

本田さんはご両親は

本田さんが歌手としてデビューしたあとの

離婚されています。

妹さんがいるそうですが年齢などは

分かりませんでした。

「.」の意味は?

本田美奈子さんは

2004年に画数が31になるように

漢字の最後に「.」を付けたそうですが

読み方などは変わりありません。

わたしは

本田美奈子さんと同世代ですが

本田美奈子さんは

アイドル時代は

他のかわいいだけのアイドルとは

ちょっと違った雰囲気を持っていましたが

ヘソだしの衣装や歌の雰囲気など

少し背伸びしている感じがしました。

歌がせっかく上手なのにもったいないなと

思っていたものです。

『One Way Generation』

本田さんの曲の中では初めて

いいなと思った曲です。

その後ミュージカルの世界で活躍されたわけですが

アイドルからの転身もすごいと思いましたし、

最初は正直

「ただの話題作りで選ばれただけなんじゃ?」と

思っていましたが

その後の評価や

舞台での歌唱シーンをテレビで見るたびに

ミュージカルスターになっちゃったのね!

と単純に感動しました。

アイドルのころとは歌声の伸びも

まったく違いました。

きっといつか本田美奈子出演の

「ミス・サイゴン」を観たいと

思っていました。
「白血病」と発表された時はびっくりしました。

しかしそれまでも

白血病から復帰された役者さんなどもいらしたので

本田さんもきっと病気を克服するに違いないと

信じて疑っていなかったですが

亡くなったと報道された時は

ほんとにショックでした。

まだ38歳でしたし、

きっとまだまだやりたいこともあったでしょうに。

「私は歌と結婚したから今生では結婚できないの」

と生前に語っていたそう。

まさに歌とともに生きた人生でしたね。
本田美奈子.さんの歌声は

いつまでも

人々の心に響くことでしょう♪

スポンサード リンク