てんかんの発作(けいれん)って?症状や運転での危険性と薬や遺伝について!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


 

 

てんかんを持っている方の

起こす交通事故が最近増えていますね。

てんかんってどんな病気?

てんかんは脳の神経細胞の発生する

突然の電気的な興奮刺激

過剰な発射で発作を繰りかえす病気です。

慢性疾患です。

慢性疾患ということは

一生病気のコントロールをしていかないといけない病気です。

発作「けいれん」とは?

間代発作(かんたい)発作

手足をガクガクと一定のリズムで曲げ延ばしする発作

強直発作

手足がツッパリ身体が固くなる発作

欠神発作

意識消失が起きる発作
けいれん発作だけではてんかんとは
言えません
たとえば目元がぴくつくなど
眼瞼(がんけん)けいれんですがてんかんとは違いますね。

口元や目元のぴくつきはピックと言いますが
これもてんかんとは違います!

 

発作は
患者さんごとにほぼ同じ発作を繰りかえすすそうです。

年代別では

1000人中5~10人に発病するそうなんで
けっこう多いですね。

3歳までに発病することが多いそうですが
成人までに治るケースもあるとか。
高齢者では脳の血管障害が原因で発病する
こともあるそうです。

発病すると治療を継続する必要があるので
幅広い年代に観られる病気だそうです。

てんかんによる合併症は?

特に精神症状が多いようです。
・知的障害
・意識障害
・怒りっぽくなる
・幻が見える
・異常な行動、暴力的、犯罪行為
・うつ病

など

てんかんの方の性格の特徴
・まわりくどい話し方
・几帳面で細かなことに固執
・融通が利かない
・ささいなことで怒る

車の運転はしてもいいの?

てんかん治療中の方が
運転免許を取得するには
条件があるようです。

服薬中でも、過去2年発作がなく、
服薬の変更がない、飲み忘れがないなどの条件を
満たすことができれば、免許が取得できます。
その際、主治医の診断書や
日本てんかん学会認定医による
臨時適性検査に合格する必要があります。

てんかんの治療方は?

1.薬物療法

抗てんかん薬での治療になります。
発作を起こす可能がある限り
内服を続ける必要があります。
発作の種類により種類や量を
医師が決めます。

内服治療は毎日正しく飲むことが大切です。
また規則正しい生活を送ることが
てんかんのコントロールにつながります。
2.外科療法

発作を繰り返し薬物療法で効果が無い場合の選択です。
最近は積極的に行われるようです。
3.ほかに
電極を身体に埋め込み迷走神経を一定間隔で
刺激する迷走神経刺激療法などもあります。

遺伝については?

確率は低いですが
症例遺伝するもあるそうです。

 

てんかんの治療をしているかたでも
一定の条件をみたせば
運転免許証が取得できることがわかりました。
しかし
大型免許や第2種免許は取得できません。

また運転を仕事とする職業に就くことも危険です。

発作が起きた場合

自分だけでなく、
他の人も巻き込む可能性は大きいことを考え
運転の際には最新の注意が必要ですね。

また
てんかんをもっているお子さんをお持ちの
親御さんは小さいころから
運転にかんする教育をしていくよう
心掛けたいものです。

都会と違い

地方では車の無い生活は
とても不便です。
免許取得は必須ともいえます。

てんかんを持っている方も
治療を継続し
安全な運転、生活を
送るようにしたいですね!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

はじめまして。 トミーと申します! 40代♀です。 九州出身ですが 今は都内在住です。 小さなクリニックで 看護師をしながら のんびり一人暮らししています。 このブログでは 世間で話題の事件や出来事についての 自分なりの思いや感想とか 季節ごとのイベントや 日々の気になったことなど 気ままに綴っていきたいと思っています♪

注目のCMを集めました!

注目のお笑い芸人たち!

母の日のおすすめ

かわいいモデルさん特集

気になる2世タレントたち

マツコの知らない世界