日本のテロ対策は遅れてる!地下鉄封鎖もあり得るの?個人でできることは?

シェアする

スポンサード リンク

先日フランスで同時多発テロがあり、

今回ベルギーでも

地下鉄の全駅封鎖と

伝えられました。

市民の足である

地下鉄を封鎖するということは

相当なことで

テロに関する緊急な緊迫した情報

入ってきているからだと

思われます。
遠いヨーロッパの話だと想いがちですが

日本もテロの脅威にさらされています。

1997年には

オウムの地下鉄テロがあり、

あの頃はじめて

テロに関する脅威を感じましたが

今は世界的な組織からの脅威です。

スポンサード リンク

なんとなく日本のテロ対策ってどうなってるの?

そうとう遅れていそう。なイメージ。

世界的な会議や試合は日本でも

開催されます。

最たるは

2020年東京オリンピック

開催されます。

東京にはいろいろな国の重要な

機関や世界的に有名な企業が

集中しています。
すでに

人がたくさん集まるような

駅や競技場などは

厳しい警備体制を敷いているようですが
まだまだ日本でのテロ対策は不十分でまさに平和ボケ状態みたいです。

例①

ゴミ箱

公共の施設には必ずあるゴミ箱。

あれ日本では利用者が便利なように
いろいろなところにあります。
駅では各ホームごと数か所。
さらに改札付近とか
自販機の隣とか。

海外ではごみ箱設置はあまりないそうです。
万が一ゴミ箱に爆発物が仕掛けられていたら。
そんな状況を踏まえなるべくゴミ箱は置かないそう。
日本の駅のごみ箱は最近透明のところは多いですが
海外ではスチール製でしかも2重構造
爆発に強い作りだそう。

4-6-2_1

訓練の様子です。

例②

コインロッカー

これも日本では
駅のあちらこちら、公共の施設でも

多く見かけます。

海外では
こちらもほとんどないそうです。
置く場合は人けのない
もし爆発物が仕掛けられても
被害が最小限で済むように配慮されています。
例③

電車の作り

地下鉄サリン事件以後日本の地下鉄の車両は
外からも窓が外せるようになったそうです。
有害ガスを外に放出するためですね。

海外では?

窓は開かないそうです
また緊急時以外車両間の行き来は
出来ないようになっているそう。

もし毒物のテロが発生した場合
その車両だけの被害にとどめるためだそうです。

ちょっと残酷な気もしますが
もし再びサリンのような毒物が電車などの公共の
交通機関で発生した場合
その空気を外の放出すればどうなるか
想像るればわかります。
ただその車両に乗り合わせた人の被害は
抑えられるかもしれませんが。

車両の窓に関しては
異論もあるとは思いますが

ゴミ箱に関しては
確かに一時封鎖とか撤去とかされていましたが
また増えていますよね。

しかも

透明な容器になって。
中身が見えて危険なものが
すぐわかるとはいえ、
そんなすぐわかるような形状で入れないと思われますし、
危険な形状すら
一般の人にはよくわかりません!

今日本でテロがあったらすぐに大被害です。

オリンピックでは

観客もすべて、写真入りの
身分証を身に着けて入るようにするなどの
対策が考えられているようですが
それも万全とは言えませんよね。
そもそも

オリンピックを日本で開催する
必要があったのかな?

なんて思いますが。。
競技場だって
出来上がるかわからないし、

ロゴだって決まってないし。。

なんて

すいません。

日本では地下鉄の封鎖などは可能なのでしょうか?

かなりなパニックになるとは思いますが、
危険な情報が入ったなら
政府はきちんと各機関に通達して
一番良い対策を取るべきだし、
市民もそういうことが起こるかも
しれないという心構えは欲しいですよね。

個人でできる対策は?

・電車などに乗った時にへんな紙袋など
見つけたら近づかず通報する。

・キーホルダーなどの小さ目な懐中電灯を携帯

・ペットボトルなどの水分の携帯

・近所で普段見かけない人々の出入りが急に増えた部屋など
あれば注意。

・最近都民には防災、防犯マップが支給されたので
携帯、チェック!

などでしょうか?

海外のテロ報道を他人事と考えず
身近に感じておくことが
そろそろ必要かと
思います!

スポンサード リンク