ブロリコの効用や副作用は?がん細胞にも効果があるって本当?

シェアする

スポンサード リンク

ブロリコをご存知ですか?

ブロッコリーの成分みたいなんですが

どんな成分なんでしょう?
ブロリコは

最近発見された成分です。

人間の免疫力を活性化させる作用があるそうですよ。

免疫って?

免疫とは、病気の原因となるウィルス、細菌、カビなどから体を守るものです。

免疫には自然免疫獲得免疫があります。

自然免疫

体内に侵入した病原体を相手を特定せずに排除するシステム

・マクロファージ
・NK細胞
・樹状細胞

獲得免疫

一度自分の体内に侵入した病原体などを覚えていて、
それを特異的に攻撃するもの。
例えば、人体に無毒化した病原体であるワクチンを注射することにより、
人体はその病原体がもう一度体内に侵入した際に、
その病原体を排除する仕組みを獲得します。

・キラーT細胞
・Th1細胞

スポンサード リンク

人間が持っている免疫機能って?

免疫は15歳をピークに年齢とともに低下
その結果さまざまな病気になりやすくなります

その自然免疫力を高める作用

ブロリコにはあるそうです。
ブロリコ
東京大学とイマジン・グローバル・ケアという企業
の共同開発により発見された成分です。

他の免疫活性物質との違いは?

色々な野菜や免疫力を高めるといわれるβグルカン、メカブフコイダンなどで
免疫力を測定したところブロッコリーから抽出されたブロリコが

一番高い活性を示しました。
ブロッコリーに含まれるブロリコは自然免疫、
特にNK細胞と好中球を活性化させます。
ブロリコのパワーは免疫活性効果があるといわれる
メカブフコイダンの約60倍、
DHAの70倍以上、
アマゾンのスーパーフルーツといわれるアサイーの約240倍
プロポリスにおいては1000倍以上もの活性を示しましたそうです。

臨床試験では自然免疫の活性が確認されたそうです。

2011年2月~3月にかけて実施したヒトでの臨床試験では、
平均10%ほど免疫の活性化が確認されているそうです

またガン細胞にも効果があると
言われていますが
こちらは詳細は不明です。

他に改善された症状として
胃炎改善、脂漏性湿疹改善、歯ぐき出血改善、
体のだるさの改善、目の疲れが軽減、寝起きが良くなった、
花粉症が楽になった、体調が良くなった
ニキビが治ったり、肌のつやが良くなったなど、
皮膚の状態が改善した、精神的ストレスが軽減された

実際にブロリコを試した方々からのアンケートでは

風邪にかかりにくくなったと言う答えが
とても多かったようです。

burokkori2

ブロッコリーとの違いは?

ブロッコリーで摂取するよりも
免疫力をアップさせる成分が凝縮されています。

副作用は?

アレルギー
もともとブロッコリーの抽出物質ですので
また、添加物へのアレルギーがある方は
アレルギー反応を起こす危険があります。

また抽出に際し、
薬品も使用していると
思われますのでその薬品に対するアレルギーが
おこる可能性もあります。

また過剰摂取による
身体への変化も考えられます。

適正量を守りましょう。
また使用上の注意はしっかり読んでから

服用しましょう
これまで免疫力を上げる
とされる食品や健康食品は
数多く発売されてきましたが、
このブロリンは
認知度あがるんでしょうか?

わたしは
今年ひどい風邪を4回も引きました。
睡眠不足、ストレス
いろいろ要因はあると思いますが
生活習慣を改善するのも
なかなか難しいので
手軽に免疫力アップできるようなものは
ありがたいですね。

まだ発売して間もない製品ですので

実際に愛用されているかたの声が

まだあまり聞こえてきません。

今後はそういう方々の声を注意しつつ
生活に取り入れるべきか

検討してみたいですね!

ブロリコ研究所HP

http://www.brolico-research.jp/

スポンサード リンク