張本智和の卓球がすごい!強さの秘密や家族と学校と帰化について!

シェアする

こんにちは。トミーです。

注目の卓球天才少年14歳の張本智和くんが

ITTFワールドツアー・チェコオープンで世界ランク7位の五輪メダリスト(北京・団体銀/ロンドン・団体銅/リオ・団体銅)で

ドイツの英雄ボル(ドイツ)を11-3、4-11、8-11、11-9、11-6、11-9の4-2で下し史上最年少で優勝しました。

これ歴史的快挙を達成です。

張本智和(はりもとともかず)くんの

強さの秘密を探してみましょう~

スポンサード リンク

張本智和プロフィール

氏名:張本智和(はりもと ともかず)

生年月日:2003年6月27日(12歳)

出身地:宮城県仙台市

家族:両親と妹

所属:仙台ジュニアクラブ

両親は?

張本智和くんのご両親は

中国人で卓球のプロの選手。

卓球の指導のために1998年に日本に移住。

そして2014年にお父さん

張本智和くん、妹の美和ちゃんともに

日本に帰化しました。

お母さんは中国籍のままだそうです。

そんな両親の元に生まれた張本智和くんは2歳のころから卓球を始め

ご両親の英才教育を受け

めきめきと実力をつけていきます。

スポンサード リンク

これまでの実績

2010年、卓球全日本選手権バンビ優勝

2011年、卓球全日本選手権バンビ優勝

2012年、卓球全日本選手権カブ優勝

2013年、卓球全日本選手権カブ優勝

東アジアホープス(12歳以下)準優勝

2014年、卓球全日本選手権ホープス優勝

現在U-15では世界ランキング2位だそうです。

そして2016年
全日本卓球選手権一般の部で4回戦進出。

3回戦は高校生を相手に大勝利。

4回戦ではオリンピック代表が決まっている
丹羽選手と対戦しストレート負けでした。

ジュニアの部では準決勝敗退。
でも相手は高校生。

こうやって体格も年齢も上の選手との対戦が

強くなっていく秘訣なのかもしれませんね。

今回の選手権では

たくさんの学びがあったようです。

張本智和くん

レシーブが決まって得点がはいると

大きな声を出します。

理由は大きな声を出すと気持ちがもっと強くなるそうです。

自分より大きな年上の選手と戦う時のきもちを聞かれ

がむしゃらにくらいつくと答えています。

20160113-OHT1I50098-L

負けん気が強そうです!

11歳とは言え身体は同じ年齢の小学生よりは大きそう。

この1年で10㎝も身長が伸びたとか。

これからもっと伸び盛りですね。

大きくなる秘訣を聞かれた智和君は

よく食べて早く寝る

と答えています。

たくさん食べてるんですね。

勉強する時間は大丈夫なのかな・・?
目標はもちろん

夢はオリンピック

智和君ならすぐ実現しそうです。

卓球は最近強い注目のジュニアが

登場していて

楽しみですね。

中学生になって身体も大きくなりますます実力をつけた張本智和くん

今回快挙を成し遂げましたが、オリンピックに向けて大きな前進だと思います。

男子の卓球といえば、水谷選手など実力のある選手もたくさんいます。

強い先輩たとご両親から受け継いだ卓球のDNAで今後も活躍してくれると思います。

インタビューなど見ているとすごく自信がありそう。いつでも勝利のイメージで勝負に望んでいるんだなとわかります。

もちろん調子はいろいろでしょうけど、強いメンタルも武器に東京オリンピック目指してほし医です。

これからの張本智和くんの活躍に期待です。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサード リンク

シェアする

フォローする