盲目の画家エスレフ・アーマガンの絵の秘密は?これまでの作品も!

シェアする

スポンサード リンク

1月18日の世界まる見え

で紹介された

エスレフ・アーマガンさんの絵がすごいと話題です。

エスレフ・アーマガンさんは

トルコ人

1953年生まれの62歳

なんと生まれたときから

両眼とも見えないそうです。

esref pic 01

esref pic 06

スポンサード リンク

この絵を描いた人は全盲なんです!

ほんとうに驚きますよね。
生まれつき光をしらないエスレフ・アーマガンさんが

どうして色鮮やかな絵を描くことができるのか

本当に不思議です。

エスレフ・アーマガン5

絵画という概念を理解するのもむつかしいですよね?

そんなエスレフさんは

どうやって絵を理解し絵を描くことを学んだのか?

この奇跡について調べてみました。

エスレフ・アーマガンさんは

どうしても画家になりたくて

35年間独学で絵の勉強をしたそうです。

確かに独学以外はないような気がします。

誰も盲目の人に

絵の描き方を教えることはできません。

35年間自分で努力し

見事な絵を描くことができるようになったのです

絵の描き方は?

まず描きたいものを手触りで形を確かめてイメージを描くそうです。

絵具はアクリル絵の具

手や指をの代わりにして

キャンバスに丁寧に色を付けていくそうです

不思議なのは色彩感覚!

そう。

物の形は手の感覚で

なんとかなると思いますが

不思議なのは

色彩ですよね。

生まれつき色彩を知らないはずなのに

どうして色を付けられるのか?

たぶんそこがエスレフ・アーマガンさんの能力だと思います。

エスレフさんのこの能力について

アメリカの脳科学者が自分の研究室に

エスレフ・アーマガンさんが絵を描いているときの

脳の活動を分析したそうです。
エスレフさんの脳は一度も色彩を見たことがないはずなのに

脳の視覚分野が活発に活動していることを示したそうです。
すごいですね~。

見ていないけどもたぶん彼は

色を想像できるんだと思われます。

それが最初はぼんやりしたものだったかもしれませんが

や、温度臭い

そんなものからいつの間にか

それに想像するようになったからこそ

絵を描きたいと思うようになったんだと思います。

人の能力ってほんとにすごい。

エスレフ・アーマガンさんの絵を見ると

とても色鮮やかで楽しい気分になる絵が多いです。

エスレフさんの色お感じ方が

ともて明るいのでしょう。

でもきっと自分でも

色の感じ方を説明することは

できないんじゃないでしょうか
エスレフさんの周りの方も

きっと彼を温かく見守り

協力したんじゃないかな~と

思います。
こうやって奇跡の画家となった

エスレフさん

これからも大好きな絵を

たくさん描いて世界中の人に感動を与えてほしいと思います。

スポンサード リンク