高梨寛太(高梨沙羅の兄)の性格はチョロイの?大学や妹の紗羅さんについても!

シェアする

スポンサード リンク

高梨沙羅ちゃん

今季も世界大会で大活躍の

スキージャンパー19歳!

もう言わずと知れた

ジャンプ界のスーパースター

takanashi

高梨沙羅プロフィール

生年月日:1996年10月8日(19歳)

出身地:北海道

身長:152㎝

最高記録:141m(2011年)

優勝:44回!

沙羅ちゃんは

14歳の時
144mという大ジャンプを跳んで

一躍注目されるようになりました。

お父さんももともとジャンプをやっていたそう。

お兄さんの寛太さんもジャンプをやっていた影響で

沙羅ちゃんも小学2年生のころより

ジャンプを始めています。

国際大会での優勝回数もぶっちぎりの44回

今後もっと記録を伸ばすに違いないです。

高校は国際試合のことなど考えて

英語が学べるところにしたいと

インターナショナルスクールに進学したそうですが

たっだ4か月の準備で試験に合格したそうです。
沙羅ちゃんは

インタビューでも冷静な受け答え

試合での冷静な試合運びなど

一部で

アンドロイド

と言われているそうです。

お兄さんもそう思うときがあると

答えています。

お兄さんの寛太さんは

小さいころから

沙羅ちゃんの練習に付き合ったりしていたようです。

小さいころから

お兄さんにはずっとかなわなかった沙羅ちゃんは

ずっとお兄さんを目標に頑張ってきたそうです。

寛太さんは沙羅ちゃんについて小さいころから

言われたことが

すぐ出来る子だったので

きっとすぐに伸びるだろうと

思っていたそう。
紗羅ちゃん自身も

いつも追いつけなくて

「くやしい」

思っていたそうです。

お兄さんはどんな人?

スポンサード リンク

高梨寛太さん

TAKANASIKANNTA
紗羅ちゃんより4歳年上

紗羅ちゃんとは大の仲良しだそうです。

中学生のころは

いつも試合に持っていく

おさるのぬいぐるみに

「かんた」

というお兄さんの名前をつけた

ぬいぐるみを持参されていたそう。

理由は「落ち着くから」だそうです。

お兄さんの名前を自分のぬいぐるみに付けて

遠征の時に持参するなど

ほんとお兄さんが好きなんですね。

なかなか貴重な兄弟!

お兄さんの寛太さん自身も

ジャンプ日本代表になった実績がありました。

TAKANASIKANNTA2

この写真だと66番の選手ですね。

寛大さんは明治大学スキー部出身で、

ユニバーシアードのノルディックスキー・ジャンプ混合団体戦3位

先月21日に行われた伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会を持って現役引退

で、現在はTBS社員!

将来はスポーツ局の部長を目指しているそうです。
お兄さんは

昨年入社したばかりの

サラリーマン。

彼女の噂は特に聞かれませんが

お兄さんもステキなサラリーマン

メンタリストのDAIGOさん

曰く寛太さんは「チョロイタイプ」だそう。

扱いやすいってことですかね?

ちょっとうれしくない評価ですね。
紗羅ちゃんに関しては

「今まであった中で一番メンタルが強い」

と言わしめていましたよ。

趣味である読書や家庭菜園、散歩についても

自己抑制を強めるためだそうです。

散歩にそんな意味があるとは

知りませんでした。

自己管理がすごいんですね。

だからこそ前人未到の記録も達成えきているんでしょう。
そんな沙羅ちゃんだからこそ

やはり家族が支えなんじゃないでしょうか?
沙羅ちゃんの恋人は?
コーチの山田さんは

沙羅ちゃんの恋愛について

「そんなもの必要ない」

と一刀両断って感じでした。

まあ、しばらくは

恋愛もままならないのかもしれないですね。

今日テレビで沙羅ちゃんをみて

とってもキレイになっているので

びっくりしました。

TAKANASISARA

まだ恋の噂は聞きませんが

お兄さんも心配なんではないでしょうか?

沙羅ちゃん次回のオリンピックは

ぜひ金メダル取ってほしいです!

お兄さんも社会人1年生頑張ってくださいね!

スポンサード リンク