Drまあや(折居麻綾)の勤務先の病院は?彼氏や家族もチェックしました!

シェアする

こんにちは!

開花宣言から数日。

さっそく週末はまだ桜は0.5分くらいしか

いてないのにお花見してきました!

花より団子とばかりに宴会をしてたら

テレビの取材が!

今日の夕方のニュースで自分がテレビに!

一緒に取材を受けた友人ともどもほんの数秒だったのに

自分にとっては本日一番のニュースになりました!

自分事ですみません((^_^;)

そのままテレビ見ながら夕食後うとうとしていたら

すごいインパクトある人物の姿が!
Drまあやさんってご存知ですか?

なんでも

脳外科医とデザイナーと2足のわらじを履いて活躍中の女性。

頭から洋服、靴先まで

髪なんて何色?

カラフルでいろんな色に囲まれています。

そして。。

体格も!

インパクト大!

Drまあやさんっていったいどんな人なんでしょう~?

スポンサード リンク

Drまあやプロフィール

本名:折居麻綾(おりいまあや)

生年月日:1975年(40歳)

出身校:岩手大学医学部卒業

体重:102Kg

身長:149㎝

Drまあやさんは

週に4日は脳外科医として働き、

残り3日はデザイナーとしての活動を続けているそう

102kgですか~。

勤務先で患者さんに食事などを指導しても

先生に言われたくないなんて言われることもあるそうです。

無理もない。。

医大時代は47㎏だったとか。

Drまあやさんは

フリーのDrとして関東や

医師不足が問題になっている北海道の釧路の病院に勤務しています。

毎週土日。

43時間勤務

もう10年勤務しているそうです。

maaya3

医師として勤務しているとき。

同一人物とは思えませんね!

救急も対応。

ほとんど睡眠時間が無い勤務を2日続けて行います。

あ、医師として仕事中はちゃんと黒髪のカツラで

カバー!

次々運ばれる救急患者さんに

冷静に対応していました。
医師として勤務しながらも

ちょっとした隙間時間にもデザイナーとして

活動も。

でもテレビでの密着みていても

まったく大変そうには見えません。

好きなことをして生活しているからか
ちょっと健康状態は心配ですが

Drまあやはもともと身体の小さな今よりは半分くらいの体重の地味な

女の子だったそう。

スポンサード リンク

脳神経外科を目指したきっかけは?

大学1年生の時に脳外科の手術を見学して

すごく感動。

目の前で人が倒れていてもある程度助けられる医者になりたい

と思ったことが脳外科医をめざすきっかけだそうです!

やはり志も高いですね。

わたしは看護師として大学病院に勤務していたことがあって

脳神経外科も5年ほどいましたが

けっこう救急も多いし

術後のフォローもあるし

けっこうたいへんなんですよ。

フリーとはいえ、

デザイナーと医師の切り替え。。

きちんとできていてすごいです。

救急を知らせる電話にも

さっと対応。

大きな身体ですが素早く準備をして

救急室に向かってました。

さすがプロ!

集中力がすごいです。

Drまあやさんは

医師として働きながらも

デザインの道もあきらめきれず

35歳でロンドンへファッション留学。

デザイナーとしての収入はまだまだ低いとのことですが

太った人のための服を作りたかったそう。

制作風景を見ると

登場するのミシンとかではなく

グルーガン!

固形の接着剤を温めて溶かして接着していく

あれですね。

ほんとに洋服というよりはアート作品。

今では芸能人のスタイリスト業も

現在は篠原ともえさんのスタイリストも!

何か選択する際の基準になることは?

面白いか面白くないか

医者になったのも

「小学校、中学校の同級生はあいつが脳外科医?ってきっと思う。

世の中に脳外科医とデザイナー両方やってるヤツって

世界中探してもいないんじゃない?

そう考えるとすげえ面白い」

と番組の中で答えています。

面白い基準で選ぶと

たとえ失敗したとしても後悔しないそうです。
たしかにね。

これまでもいろんな選択を重ねてきたであろう

まあやさん。

その姿は個性的でどうどうといていて

充実してるんだろうなってわかります。
わたしは?

嫌いなことの中でもまだ自分で我慢できる範囲のこと

やってるかも。

なかなか面白い事だけってわけにはいきませんが

後悔はできるだけしたくないですね!
ちなみに。

Drまあやは一度も男性との交際経験はないそうです!

彼氏も作って欲しいなと思うけど

まずは身体は大切にしてほしいですね。

Drまあやデザイン研究所HP↓

http://www.maayaorii.com/

スポンサード リンク