矢場とん女将の鈴木純子さんの経営方針がすごい!実際年収はいくらで夫はどんな人?

シェアする

スポンサード リンク

カンブリア宮殿

実際に成功しいる

企業やお店の経営者に密着して

成功の秘密や秘訣を紹介する番組。
いつも

いろんな会社が紹介されて

日曜日の「がっちりマンデー」

に並んで好きな番組です!
平日のゴールデンタイムということもあり

やはりカンブリア宮殿のほうが

注目度は高いようです。
わたしのブログでも

番組に登場する経営者の方を

何人か紹介させていただきましたが

今回は女性です。

しかも飲食店を

全国に知らしめた

凄腕の経営者!

しかも名古屋の矢場とんの女将。

東銀座にお店があるので

misokatu1[

わたしも何度か行ったことありますが

お肉も柔らかくて

とっても味噌カツが美味しくて

スポンサード リンク

大好きな味噌カツのお店です。

大きなとんかつも

あっさり、ぺろりといっちゃいます!
名古屋、銀座以外にも、東京駅、

三重県、福岡に17店舗

展開されているそう。
そんな矢場とん女将

どんな女性か調べてみたいと思います。

矢場とん女将鈴木純子さんは

yabatonnokami1
もともと普通のサラリーマンの家庭に生まれ育ったそうです。

1971年23歳で矢場とん2代目社長

の鈴木孝幸さんと結婚。

okami1
嫁いだ当初の

矢場とんは

ちょっと女将さんには

不満だらけの飲食店。

せっかく美味しい味噌ダレを使っているのに

野菜やお肉が美味しくなかった。

でも嫁いだばかりの嫁の分際で

あれこれ経営方針に

口を出すこともできず

そういう立場になるまで

じっと我慢してきたそう!
43歳で女将を任されるようになって

ようやく

お店の改革に取り組みはじめることが

できたそう!
主な変革は?

・のれんを変える

もともとぼろぼろののれんだったそう。

女性でも入れるようなキレイなのれんに変えたかったそうですが
なかなか受け入れられず。

女将になってようやく上から下まで垂れる

真っ赤な長いのれんに変更できたそう。

・食器を変える

なんともともとはプラスチック製の食器だったとか

給食?

というわけで

陶器のものに少しずつ変えていったそうです。

・お金の管理を変える

以前はレジのお金もご主人や姑さんが

どんどん持ち出していっていたそう。

純子さんお代になってから

売り上げとしてきちんと管理するようになったそうです。

なんともどんぶり勘定なご商売だったんですね、

またカードは使わず必ず現金ではいってくるように

して収支がその場ではっきり分かるようにしたそうです。

・従業員の教育

それまで欠勤や遅刻も多かったそうですが

きちんと責任感をもって働いてもらうよう

教育を徹底したそう。

なんでそれが嫌で辞めた人も多かったそうです。

・社員は家族!

去っていく社員もいましたがきちんと働く社員の面倒は

きちんと見るそうです。

マイホームのためのローンの保証人にもなるんだとか!

お店や自宅に従業員さんとその家族を招いたり

休日の過ごし方を指導したり貯金をすすめたり

若い人には過干渉で嫌がられることもあるそうでうですが

みなさん理解はされているんだとか。

まあありがたいことですよね。

・取引業者さんを変える

先代からの取引業者はお友達の延長みたいな業者が多く、

野菜が半分くさっていたり冷凍肉だったり、費用もかさんでいたそうで
良いお肉や野菜をを大量に仕入れることができる業者さんに

変えたそうです。

可愛そうなようですが、それも身から出た錆。

大きくなればなるほどきちんとした管理ができる業者さん

じゃなきゃだめですよね。
他に

クリスマスに来店してくれた

カップルにはワインのサービスをしたり

グッズを作って販売するようになったり。

☆上記に中でも

金銭に関する管理を変えたことは店舗を

拡大するうえでも重要なことだったかと思います。

どんぶり勘定のレジ持ち出しの自宅感覚なお店では

店舗を増やすどころか

そのうち倒産の憂き目にあっていたかも!
鈴木純子さんは

現在は引退してご子息が社長になっているそうです。

今はボランティア活動にも力を注いでいるそうです。
お店の改革に乗り出したのは

女将を引き継いだ43歳から!

古いものを変えるのって

ほんとに大変だおと思いますが

周りの圧力に負けずに

改革をやり遂げたこと

ほんとにすごいです!
やはり何かをやり遂げる女性って

パワフルだし

そして周りの人をひっぱる力も

ありますよね。

現在

矢場とん年商は34億円くらいだそう。

その女将である鈴木さんの年収は?

鈴木さん自体の収入はわかりませんが

社会貢献として

カンボジアに学校をつくったり

ちょっとそこらへんのお店の経営者には

できないようなこと

出来ちゃうくらいには

年収あるはずです!
カンブリア宮殿で

経営の極意をはやく聞きたいですね!

スポンサード リンク

シェアする

フォローする