宮田大(チェロ奏者)がイケメンだけど彼女は?父や母と楽器についても調べてみた!

シェアする

スポンサード リンク

チェロ奏者の

宮田大さんが

「徹子の部屋」にご出演されますが

わたしは恥ずかしながら

宮田さんのことをまったく存じ上げて

いませんでした

クラシックは嫌いではないですが

最近はまったく聞いておらず

若い演奏者のことなども

あまり気にしていませんでしたね。

でも調べるとすごい

奏者だということが

わかりました!

宮田大さんのプロフィールは?

miyatadai2

生年月日:1986年7月5日(29歳)

出身地:栃木県宇都宮市

高校、大学:桐朋女子高等学校音楽科、

桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコース主席、

ジュネーブ音楽院卒業、

クロンベルクアカデミー修了

スポンサード リンク

受賞歴

1995年:第18回栃木県学生音楽コンクールで弦楽器部門1位

1998年:第8回日本クラシックコンクール3位

2001年:泉の森ジュニアチェロコンクール中学の部で金賞

2002年:桐朋女子高等学校音楽科入学

2009年:第9回ロストロポーヴィチ国際チェロコンクール
    で日本人として初優勝。

9歳から出場する

すべてのコンクールで1位入賞なんだとか

すごい!才能です!
出身高校が女子高って?

高校は桐朋女子高等学校出身ですが

音楽科は共学だそうです!

なんで宮田さんの出身高校は

桐朋女子高等学校で間違いはないようです。
どんな先生に習ったの?

チェロを倉田澄子、フランス・ヘルメルソンの各氏に、

室内楽を東京クヮルテット、原田禎夫、原田幸一郎、
加藤知子、今井信子、

リチャード・ヤング、ガボール・タカーチ=ナジ

各氏に師事したそうです。

これまでの演奏は?

国内外のオーケストラ、

パリ管弦楽団、

フランクフルトシンフォニエッタ

SKドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団

スロヴァキア、

フィルハーモニー管弦楽団

などで演奏

著名な演奏家、指揮者との共演

小澤征爾、

E.インバル、L.スワロフスキー、C.ポッペン、D.エッティンガーなどの指揮者

L.ハレル、G.クレーメル、

Y.バシュメット、M.ヴェンゲーロフ、A.デュメイ、

国内外で著名な演奏家、指揮者の方々と共演されていますね。
また

「題名のない音楽会」

「ラララクラシック」

「小澤征爾さんと音楽で語った日~チェリスト宮田大・25}

「カルテットという名の青春」

 などに出演されています!

宮田さんはご両親も音楽家

お母さんがバイオリンの先生

お父さんがチェロの先生だそうです。

そんなご両親の影響で

3歳からチェロを始めています。

幼いころからその才能が注目を集めていたそうです。

ご両親は楽器が嫌いにならないとうに

楽しむことを優先せてくださったそうです。

そんなご両親のおかげで

チェロを続けてこれたと

語っていらっしゃるようです。

すばらしいですね!

高校生のころに

小澤征爾さんとの出会い

発表会ではなく、

自分の個性を出す

演奏会に出演できたことが

自分の成長につながったそうです。

使っている楽器は?

使用楽器は、上野製薬株式会社より貸与された

1698年製ストラディヴァリウス

“シャモニー(Cholmondeley)”
だそうです。

Facebookアドレ
https://www.facebook.com/cello.dai.miyata/

彼女の情報については

特になかったです。

なかなかのイケメンなんで

きっといらっしゃるでしょうね!

現在国内外を行き来しながらの

演奏活動中とのことです。

忙しいと思いますが

お身体気を付けて

宮田さんのチェロで

人々に感動を与えてほしいと

思います!

ちなみにお父さまは

宮田豊さん

miyatayutaka1

お父さん豊さんは

銀座の教室でチェロやバイオリンを教えていらっしゃるほ

一般財団法人ザ・メトロポリタンミュージックで代表理事も

務めていらっしゃるそうです。

スポンサード リンク

シェアする

フォローする