月曜から夜更かしで紹介されていたレインボーキャンドルってどこで買えるの?価格や問い合わせ先は?

シェアする

スポンサード リンク

毎週月曜日のお楽しみ

『月曜か夜更かし』

この番組で関ジャニの村上君好きになりました!

毒舌のマツコさんによくついて言ってると思います。

そんで

この月曜から夜更かしは

2012年の放送開始から

2016年8月30日の放送で

放送200回だそうです!

おめでとうございます!

そんな記念すべき「月曜から夜更かし」で

紹介された

不思議なろうそくについて調べてみました!

それは「夏のローカルニュース」で紹介されました。

スポンサード リンク

それは歴史的大発明!

発明したのは

今年80歳の石川県のお住まいの

松平寛夫さん。

matudairasan

松平さんは

普段は鉄工所の社長さん

回転ずしの部品などを

ふだんは製造しているそうです。

そんな松平さんが初眼しものは?

それは

「虹色に燃えるキャンドル」

なんです!

商品名は「レインボーキャンドル」

確かに

kyanndoru2

黄色、赤、紫、緑の

の小さなあかりが見えますね!

kyanndoru

普通のローソクと並べるとよくわかりますね。

松平さん

「世界でわたしだけしか作れないと自負しています」

とのこと。

月曜から夜更かしスタッフは

そんな松平さんに

「そうとう儲かってるんじゃないですか?」と

興味本位な質問を!

すると松平さんは

「今のとこぜんぜん儲かってません!」

と意外な返事が!

なぜもうからないかというと

「世間の人々が

この世に虹色に燃えるキャンドルが

あるということを知りませんからね!

と意外な回答

結局世間への認知度が低いために

売れていないようですね。

広告してなかったんですね~。

番組では冠婚葬祭で使えますよ!

と㏚されていました。

このキャンドルは松平さんが

10年かかって作り上げたものだそうです。

なんでも

何億通りもの組み合わせがる

金属化合物が基礎燃料の炎の中で帰化し

ガスを発声させます。

このガスが燃え上がることで

レインボーキャンドル

七色の炎が実現したんですね!

「レインボーキャンドル」は、

平成16年、第40回石川県発明くふう展で

発明協会会長奨励賞を受賞。

燃焼時間は?

レインボーキャンドル1本で

10分から15分だそうですが

ローソクを縦にならべて使用すれば

1時間以上の燃焼も可能だそうです。

ろうそくりんぐ

現在

結婚式のキャンドルサービス

ホテル、レストランのテーブルキャンドル

誕生会、イベントなどの

キャンドルコーディネイト

教会、礼拝堂や寺院などで使われているそうです

これを機に

自分の結婚式誕生会での使用や

プレゼントなどに

いかがですか?

値段は?

燃焼時間によって

値段はいろいろです。

4分用 648円から

60分用セット 36720円

ほかにもいろいろな燃焼時間の

レインボーキャンドルが

売られています。

一度の祖居てみてくださいね。↓

株式会社 松平製作所桂町工場

〒920-0334
石川県金沢市桂町イ37-1

TEL:076-267-1710  FAX:076-267-6670

http://www.matsudairaseisakusyo.com
E-mail:matudaira@po6.nsk.ne.jp

スポンサード リンク

シェアする

フォローする