河西健吾(声優)が3月のライオン桐山零役に!これまでの出演歴や年齢はと結婚についても!

シェアする

スポンサード リンク

こんにちは。トミーです。

毎年発売が楽しみな3月のライオン

ご存じですか?

マンガ界の大きな賞を

3つも受賞している名作なんです!

2011年第4回マンガ大賞2011
2011年第35回講談社漫画賞一般部門
2014年第18回手塚治虫文化賞マンガ大賞

いわゆる将棋の世界を舞台にしたマンガなんですが

人間ドラマとしても

とっても見ごたえのある作品。

10月からとうとうアニメになります。

そして2017年には

実写版で映画化へ。

実写のキャストはもちろん気になりますが

アニメの方も

いったいどんな声優さんが

あの個性的なキャラを演じるんだろうって

とっても気になりまして。

今回

主人公の
高校生棋士

桐山零を演じる

河西健吾さんいついて

調べてみることにしました。

スポンサード リンク

河西健吾プロフィール

河西健吾(かさいけんご)

1985年2月18日生まれ(31歳)

大阪府出身

血液型A型

身長158センチ

マウスプロモーション所属

身長158センチとは男性にしては

小柄な方なんですね。

特技は、水泳、テニス

インターネット(ネットゲーム)

猫の世話、朝のマラソン、語学(韓国語)

河西さんは

2005年にアミューズメントメディア総合学園声優学科を卒業しています。

2006年から声優として活動

Sponsored Link


主な出演作

2006年

あたしんち(客)

エンジェルハート(子供たち)

kanon(観客)

ドラえもん

2009年

咲‐Saki-(審判)

2010年

遊びに行くよ(リポーター)

サザエさん

NARUTOーナルトー 疾風伝
(町人、外人の旅人、猫の紳士)
薄桜鬼(会津藩士)

2011年

いつか伝魔の黒ウサギ(生徒)

銀魂(オタクA)

GOSIK(男子生徒)

NARUTO(うちわかがみ、友達、研究員、ウバウの手下

デッドマン・ワンダーランド(又吉)

2012年

蒼い世界の中心で(ミョムト)

2013年

イナズマイレブンGO ギャラクシー(カゼルマ・ウォーグ)
宇宙戦艦ヤマト2199(吉田充)

2014年

アルドノア・ゼロ(祭陽希咲)

NARUTO – ナルト – 疾風伝

2015年

アルスラーン戦記(アシム)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(三日月・オーガス)

2016年

アクティヴレイド –機動強襲室第八係- 2nd(鳥越宗助、名和大河)

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり(瑞原誠)

斉木楠雄のΨ難(谷原健二)

3月のライオン(桐山零)

食戟のソーマ 弐ノ皿(佐藤昭二)

NARUTO -ナルト- 疾風伝

一人之下 the outcast(星潼)

ブブキ・ブランキ(マクシム・アルセーニエヴィチ・バラキレフ)

ブブキ・ブランキ 星の巨人(マクシム・アルセーニエヴィチ・バラキレフ)

プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ(嶋葵、鮫島改)

文豪ストレイドッグス(ジョン・S)

ラクエンロジック(フェリオ)

他に劇場作品や

ゲーム作品に出演

とくにびっくりしたのが

2016年に入ってからは

主要な役をがんがんゲットされているところです。

デビューから
どちらかというと

その他大勢の役が多かった河西さん

2015年に2015年10月、

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の

三日月・オーガス役でアニメ初主演を果たしていますが

はっきり

頭角を現してきたのは

今年に入ってからかなという気がします。

その勢いで零役をゲットされたんでしょうか?

3月のライオンの桐山零はどんな少年?

零君は中学生でプロの棋士になった少年。

小学生の時に両親を事故で亡くし、

父の親友だったプロ棋士の幸田氏に引き取られます。

もともと才能のあった零君は

どんどん頭角を現しその才能の故に

幸田家の子供たちからいじめられます。

幸田家に居づらくなった零は

一人暮らしを始めるのです。

1年遅れで高校に進学、

高校でも孤立してしましますが、

川本家の3姉妹と出会って

初めて癒されるんです。

川本家の次女ひなのことは

さらに特別な存在になっていきます。

零君のお父さんはプロ棋士ではなかったのかな?

そこらへんはよくわかりませんが、

ご両親亡くならなければ

プロ棋士になっていなかったかもしれませんね。

川本3姉妹とも出会っていなかったし

やはり運命なのかな~って思います。

幸田家ではそうとう居づらい思いをしていたせいで

すっかり孤独の似合う高校生になってしまいましたが

けっして孤独を好んでるんでもなく、

川本姉妹のことは積極的にかかわって

守ってるし

棋士の先輩たちにも誠実に対応していて

りっぱな子やな~って思います。

大人なんですね。

本編の連載も2007年開始だからもう10年

そろそろ完結も見えてきたみたい?

2016年には実写版の公開もあるし

大団円の終わりになるのかな?

登場人物それぞれが

物語をもっているので

それぞれが

どういう終わりを迎えるのか、

またきちんと終われるの?

って心配ですが

とりあえず、

アニメ版を見て

本編の復習をしようかなって

思います。

河西さんの声が

わたしの中の零君の声とくらべて

どんな感じか。。

とっても楽しみです!

スポンサード リンク

シェアする

フォローする