のぶみ(絵本作家)の本名って?妻や子供についても!元ヤンキーで実家が教会って本当?

シェアする

スポンサード リンク

みなさんこんにちは!

トミーです。

今日は立冬だそうです。

今日から本格的に冬だそうですが。。

まだ寒さ本格的って感じではないですよね!

ですが

すでに町やお店からは

ジングルベルなんかが

聞こえてきて

クリスマスの飾りやプレゼントなんかも

考えないといけない時期!

ウキウキしたいとこですが

わたしの気分的には

え!もう今年終わりじゃん!

って焦りの気持ちが強いです。

さて、

きょうは

初めて知る絵本作家さんのことを

書いてみたいと思います。

この作家さんの名前は

のぶみさんと言います。

のぶみさんは

絵本としては異例の

一つの作品が10万部を突破した

作家さんとして有名なんですね。

絵本って基本的に

そんなに売れないそうなんです!

ま対象も子供だけですしね~。

そんな中で10万部突破って

いったいどんな作品で

のぶみさんってどんな人なんでしょうか!

のぶみプロフィール

本名:斉藤のぶみ

生年月日:1978年4月4日生まれ(38歳)

出身地:東京都品川区

現在は練馬区在住

1999年「ぼくとなべお」(講談社)でデビュー

のぶみさんは

絵本作家として

しんかんくんシリーズ

ぼく、仮面ライダーになる!

シリーズなどが有名な絵本作家さんなんだそうです。

すみません!わたし知らなかった。。

なんとこれまで160冊もの絵本を手掛けた

人気絵本作家なんだそうです。

そんなのぶみさんの

代表作

ママがおばけになっちゃった!

2015年に発売された作品ですが

この作品が

amazonで発売されるやいなや

重版を重ね

10万部突破

なんとamazon全体の総合ランキングで1位を

獲得したとか!

現在までに36万部を突破したそうです。

現在でも年間10冊以上の

作品を発表しているそうです。

すごい創作意欲ですね!

さらに

NHKの教育テレビ

みいつけた!

「おててえほん」のアニメを担当したり

かあさんといっしょ

「ぼくのともだち」

のアニメーション

「おしりフリフリ」

「おっとっとのオットセイ」などで、

歌の作詞とイラストを担当。

あと

わたしも生協で注文して飲んでいた

キャロットジュース

キャロットさんの

キャラクターも担当されていたそうです!

キャロットちゃんかわいい~!

nobumi3

多才ですね!

そんなのぶみさんは

もとから絵本作家を目指していたわけではないそうです。

スポンサード リンク

ヤンキーになったわけ

ネット上では

のぶみさんを検索すると

ヤンキーというキーワードが!

そう、若いころ

のぶみさん

ヤンキーでしかも総長だったんだとか!

160名ものメンバーを

仕切っていたんだとか。

これというのも

小学生のころ

学校でいじめにあっていたことが

ほったん。

自殺未遂も2回あるそう。

そんな状況で中学校には

ほとんど通わなかったそうです。

どんどん不良の道へ

弱いから負ける

強くなりたい

負けたくない

そんな思いが

悪い方向へ傾き

不良の仲間と付き合うようになり

暴走族にまでなってしまったそうです。

のぶみさんの転機となった進学

そんな時代を経て

清純な女の子と出会いたいという

一心から

保育系の専門学校を受験

7つすべて不合格。

ですが翌年

日本児童教育専門学校に合格!

この合格、

実はお父さんがのぶみさんの

かわりに受験していたんだとか!

大学とかならえらいことですが

専門学校だし

おおげさな問題にはならないんですかね?

そんなこんなで

無事に専門学校に入学したのぶみさん

のぶみさん運命の女性と出会う

一人の女性と出会い、

その女性が絵本が好きと言っていたので

その女性の気を引きたい一心で

俺、絵本描いてるよ

と言っちゃったそう!

でもそこで

ほんとに絵本を描いちゃうとこが

のぶみさんのすごいところ。

独学で絵本について学び

いろいろな作品を描いては

彼女に読ませていたのぶみさん

彼女が

面白い!

とほめてくれたのがうれしくて

さらに絵本を描き続けたそうです。

そしてその女性とめでたく結婚

すでに二人のお子さんがいらっしゃるそうです。

1999年にデビューしたものの

まったく売れなかったそうです。

2冊目のヒットが出たのは

デビューから8年後だったとか。

ママがおばけになっちゃったってどんな作品?

題名のとおり

事故で死んでしまったママが

おばけになって現れるっていうお話です。

この作品を発表するにあたり

なんどかお客さんの前で読み聞かせを行い

反響などを参考に

何度か修正を行っての発表だったみたいです。

この作品は子供たちは読みたがらないそう!

やはりママが死んじゃうというのは

子供にとっても

怖いことで

呼んでいる途中で逃げちゃったり

泣いちゃったりする子供がたくさんいるそう。

でもだからこそ

ママが好きでたまらないおいう気持ちを再確認できるそうです。

ママが欲しい絵本になった!

そう、

子供たちというよりこの作品は

ママが欲しくなる作品なんだとか!

この作品を子供に読むことで

ママ自身も子供への思いを確認するみたいです!

のぶみさん自身そこまで考えて

作った作品だとしたら

そりゃすごいですね!

のぶみさんのご実家は教会だそう。

のぶみさんが専門学校に行けるように

変わりに受験していたお父様は

なんと西大井教会の牧師様だったようです。

現在は引退されているようです。

のぶみさんご自身は

無宗教ということですが

お父様もおおらかなかたなんだな~って

思います!

もうすぐ情熱大陸で紹介される予定の

のぶみさん

創作風景など見られるんでしょうか。

放送が楽しみですね!

ママがおばけになっちゃった
の続編です!↓

スポンサード リンク

シェアする

フォローする