2017年の恵方ってどの方角?恵方巻の具材や食べ方も知りたい!

シェアする

こんにちは
あっという間に年越しもすんで

気が付けばもう2月も見えてきました。

2月と言えば節分

節分と言えば豆まきが一般的でしたが
最近もう一つの習慣が加わりました。

恵方巻を食べるという習慣も加わったような気がします。
いったいいつから
恵方巻が食べられるようになったんでしょうか?

恵方とは?

毎年干支に基づいてめでたいとされた方角
吉方
もともと縁起が」良いとされる方角は4方向しかなく
5年周期で1巡するそうです。

恵方巻きとは?

節分の食べると縁起が良いよされる太巻きのこと。

いつから恵方巻きを食べるようになったの?

もともとは関西の風習

大正時代
大阪の花街で節分の時期にお新香をまいた海苔巻を
恵方に向かって食べ、縁起担ぎをした。

1932年ごろ
大阪鮓商組合や海苔協会が海苔などの販売促進の目的で
「節分の丸かぶり寿司」に関するチラシを配布し宣伝を行った

1973年頃
大阪海苔問屋協同組合が
「節分の夜、恵方に向かって
無言で家族揃って巻き寿司を丸かぶりすると必ず幸福が回ってくる…
と昔から言い伝えられています」
と書いたチラシを、寿司屋に海苔を納める時に配った。
当時は大阪のデパートでも
「2月3日幸運巻き寿司売り出し」
と宣伝販売されていたらしい。

1977年
海苔業界による街頭イベント「海苔祭り」が大阪・道頓堀で開催され、
「節分の丸かぶり」を取り入れた「巻き寿司早食い競争」が行われた。
これがマスコミに取り上げられて全国に知れ渡ったのをきっかけに、
全国主要都市の「海苔祭り」でも宣伝されるようになる。

1989年
広島のセブンイレブンが恵方巻の販売を開始。
次第に販売エリアが全国に広がる。

98年には全国で販売されるようになりました。

大阪の商売の方々が始めた風習だったんですね。
コンビニが普及に一役買っていたとは驚きです。
最近は家庭でも手巻き寿司などの習慣もできてきましたが
恵方巻の時期が一番海苔が出る時期かもしれませんね。

恵方巻きの正しい食べ方って?

①方角・・・2016年は南南東の方角(正しくは南南東やや右)
②太巻きは一人一本!
③願い事をしながら最後まで黙々と最後まで食べきる。
しゃべると運が逃げるので最後までしゃべってはいけない。
・太巻きの具は7種類
・直径5センチで長さが20センチが基本

2017年の恵方

2017年の恵方は
「北北西」

ans-257653570

ということです。

恵方巻きの具材って?

恵方巻きは
七福神にちなんだ7つの具材を使うのが基本。
といってもこれを使わなければならない
などの決まりはなく、
7つの具材なら大丈夫です。

最近はいろんなコンビニ、スーパー
お寿司屋さんなどで
いろいろな種類の恵方巻きが販売れています
内容も価格もいろいろですが

あれこれ食べ比べをしてみるのも楽しいかもしれません。

セブンイレブンの2017年恵方巻き

セブンイレブン恵方巻きサイト

シェアする

フォローする