柳本光晴(やなぎもとみつはる)の年齢や経歴が気になる!年収は?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link


こんにちは。
トミーです。

みなさんマンガは読みますか?
わたしは
大好きです。

もうマンガの無い世界なんて
ありえないってくらいです。
最近はいろんなテーマを

扱う作品が多くて
ほんとにマンガ家さんって
頭良くないとできない仕事だなって思います

なんと言っても
絵も上手くてお話も
作っちゃうんですもんね。

圧倒的な才能が必要。
そんな圧倒的な才能を
持ったマンガ家が

圧倒的な才能のお話を書いて
今年のマンガ大賞を受賞されました。
作者のお名前は

柳本光晴さん
わたし少女マンガしか
ほぼ読まないからか

柳本光晴さんのお名前
今回の受賞まで
まったく存じあげませんでした。

ごめんなさい。
というわけで
どんな作品で

どんなマンガ家さんなのか
調べてみたいと思います。

 

受賞作「響〜小説家になる方法〜」

「響~小説家になる方法~」 ストーリー

とある文芸編集部の新人賞宛に送りつけられた、直筆の投稿原稿。編集部員の花井は、応募条件を満たさず、ゴミ箱に捨てられていたその原稿を偶然見つける。封を開けると、これまで出会ったことのない革新的な内容の小説であった。作者の名は、鮎喰響。連絡先は書いていない・・・

編集者の花井は「世界を変えられる」と確信し作者探しに乗り出す。そして見つけた15歳の少女・鮎喰響は強烈な個性で周囲を振り回しながらも、デビュー作品で芥川賞と直木賞のダブルノミネートを果たし、世間を騒然とさせる

 

圧倒的な才能の持ち主
っていうストーリー
結構好きです。

 

Sponsored Link



これまでも
「のだめカンタービレ」
なんかもそんな内容でしたよね。

ネットで調べましたが柳本光晴さん
の画像を調べることはきませんでした。
今日発表されたから
これからメディアにたくさん

登場されるかも
作品も売れるでしょうし!

wikiもなかったんですよね。
これまでの作品も調べましたが
単行本や電子書籍として発売されて
いるのは3作品くらいでした。

柳本光晴さん作品
http://amzn.to/2npOL5o

 

柳本光晴さんの経歴は?

経歴はまだよくわかりませんが
もともとは同人誌で
作品を発表されていたようです。

今回の受賞作
「響~小説家になる方法~」

『ビッグコミックスペリオール』

で連載開始されています。

2013年には

『月刊アクション』で

『女の子が死ぬ話』を連載。

 

柳本さんのブログを読むと
今回マンガ大賞にノミネート
されたことで

いろいろな妄想?
が書かれていて面白い。

もし大賞を取って
この作品がドラマ化されたら!
とか。
でもそれもけっこう現実化してきました。

以下http://ttt98.jugem.jp/より

キャストも考えれれていて

 

いやもう、そしたら重版重版ですよねーとかって。そしたら夢のタワマンだよね!って。でもやっぱ品川とかは遠いしアシスタントさんも来づらいから、やっぱ中野かな。中野のタワマンに越して、新宿の街を50階から見下ろそう!って。
あと、やっぱ大賞なったらメディアミックス来るよね!やっぱドラマ!響役は欅坂の平手さんかなーとか。リョータローはセクゾの中島君とか!あーでもアニメになってフィギュアになってほしいよね!とか!

 

欅坂の平手さんとは?

この子ですか!?

欅坂46の平手友梨奈さん

確かにイメージ近いかも

クールな印象ですね。

すごいキャスト完璧に出来上がってますね。
これでドラマ化してもらいましょう。
サンプル版読んでわたしも
すごく読みたくなりました。
ストーリーがしっかりしています。

ちょっとまだなぞの多い
柳本光晴さん
今回きっと重版されるだろうし
過去の作品も売れるし

これまでの収入はわかりませんが
きっと収入も倍増しちゃいますよね。

 

対談記事より柳本光晴氏お姿

http://www.cinra.net/interview/201703-thepillows?page=3

いつか顔出しされることでしょう♪

 

マンガ大賞2017ノミネートと順位

1位 『響~小説家になる方法~』柳本光晴/小学館
2位 『金の国 水の国』岩本ナオ/小学館
3位 『ダンジョン飯』九井諒子/KADOKAWA
4位 『アオアシ』小林有吾・協力:上野直彦/小学館
5位 『波よ聞いてくれ』沙村広明/講談社
6位 『約束のネバーランド』原作:白井カイウ/作画:出水ぽすか/集英社
7位 『ゴールデンゴールド』堀尾省太/講談社
8位 『ファイアパンチ』藤本タツキ/集英社
9位 『ハイスコアガール』押切蓮介/SQUARE ENIX
10位 『からかい上手の高木さん』山本崇一朗/小学館
11位 『私の少年』高野ひと深/双葉社
12位 『東京タラレバ娘』東村アキコ/講談社
13位 『空挺ドラゴンズ』桑原太矩/講談社

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

はじめまして。 トミーと申します! 40代♀です。 九州出身ですが 今は都内在住です。 小さなクリニックで 看護師をしながら のんびり一人暮らししています。 このブログでは 世間で話題の事件や出来事についての 自分なりの思いや感想とか 季節ごとのイベントや 日々の気になったことなど 気ままに綴っていきたいと思っています♪

注目のCMを集めました!

注目のお笑い芸人たち!

母の日のおすすめ

かわいいモデルさん特集

気になる2世タレントたち

マツコの知らない世界