石丸幹二の歌声がステキだけど結婚は?劇団四季の退団理由がつらい!

シェアする

こんにちは。
トミーです。

そろそろ近所の桜が
開花してきました。
昼間はあたたかですが

夜はまだまだ
花冷えです。
みなさんも体調管理には
注意してくださいね。

さて、毎週日曜日に
楽しみにしている
朝のクラシックバラエティー

「題名のない音楽会」

毎週、いろいろなテーマで
クラシック音楽を身近に
楽しめる番組で

楽しみなんですが
4月から司会者が変わるんですね。
これまで五嶋龍さんだったんですが

演奏活動に専念されるため
3月いっぱいで司会を卒業。
これまでもこの番組のため

だけに日本とアメリカを
行ったり来たり。
しかも毎週だし

五嶋龍さんもたいへんでしたね。
お疲れ様でした。
さて五嶋龍さんから

司会を引き継だのが
長い間劇団四季に所属して
ミュージカル俳優として

活躍されている
石丸幹二さんです。
石丸幹二さん最近よく

テレビでも拝見するように
なりました。
テレビCMにもたびたび登場

されています。

桐谷美玲さんとの共演が
いい感じでした。


チョコレート美味しそうです。
石丸幹二さんかわいいですよね。

スポンサード リンク

石丸幹二さんのプロフィールは?

氏名:石丸幹二(いしまるかんじ)

生年月日:1965年8月15日(51才)

出身地:愛知県生まれ、千葉育ち

大学:東京芸術大学
身長:174㎝

石丸幹二さんは小さころから
音楽に親しみ
ピアノ、チェロ、トロンボーン
スネアドラムなど
さまざまな楽器を演奏してきたそう。

高校時代はチェロ、大学では当初
東京音楽大学のサックス専攻でしたが

3年生の時に
アメリカのクラシック歌手
ジェシー・ノーマンの歌声を

聞いたことで衝撃を受け、
東京藝術大学音楽学部声楽科を受験し
合格し歌を学び、同大学を卒業

サックスもふけるなんてすごいです。
友人が東京音大の出身ですが
いきなり声楽の道を志して

大学を変えて学びなおすってスゴイ!

スポンサード リンク

劇団四季に入団

石丸幹二さんは
1990年に劇団四季「オペラ座の怪人」
ラウル役で舞台デビューしました。

以後劇団四季の看板俳優として活躍

2007年に退団します。

劇団四季を退団した理由は?

石丸幹二さんは退団する数年前に
車で移動中に交通事故を起こし
後になって後遺症で苦しんだそうです。

俳優を続けていくことが苦しい
とも思っていたそう
退団前後は家を出ることも
できなかったそうです。

精神的に相当ダメージを受けていた
ことがわかります。
日本を代表する

劇団の看板俳優として
走る続けることは大きな
プレッシャーだったのかも
しれませんね。

本格的な復帰は2009年でした。

その後は
ミュージカル
『ジギル&ハイド』
『エリザベート』

などで好演。完全復帰を果たします。
後遺症も大丈夫みたいですね。

それまでテレビにはCMていどの出演しか
ありませんでしたが

2013年「半沢直樹」に浅野支店長役で
出演。ブレイクします。
卑怯者の悪役浅野支店長が

印象的でした。
視聴率40% ごえですから
この番組に出演した役者さんの

ほとんどが注目されましたね。
石丸幹二さんに似ているといわれる
片岡愛之助さんも

このドラマでお姉の役人を
演じてブレイクしましたもんね。

半沢直樹以降は大河ドラマをはじめ
さまざまなドラマに出演されています。

こういうのもありました。
時代を感じますが。

石丸幹二さんアイドルみたいに
かわいい!
キムタクに負けてない。

そしてやはり石丸幹二さんの
歌声聞きたいですよね。

石丸幹二さんはご結婚は?

石丸幹二さんご結婚はされていない
ようです。
公にしていないだけかもしれませんが。

インタビューで昔から一人で楽しむことが好き今でも一人が楽しい

と答えていて、結婚願望はないという意思表示をされています。

ネットでのインタビューで

石丸幹二さんは人生を楽しむヒントとして

興味を抱いていること、直観的に
面白いと思ったことに対する
集中力はすごいです。ポジティブ思考

なので「何か面白いものにたどりつる
はずだ」とこころにひっかかったもの
を一日中考えたりしますね。ほかのこ

とをすべてのことをストップして、
まで。そうしてこうなったのかと原因
を探ったり、これはこうだからと過程

をスン席したり。ただすごく狭い分野
にこだわりを持っている気がする
と答えています。

インタビュー記事より

たしかに集中力すごそうです。
いろいろな楽器を扱える当たり
器用な方なんだろうなとも思います。

続けて

好奇心を持ち続け、「やりたい」
という気持ちを大切にしてますね。
結果、物理的、金銭的に難しく、

諦めざるを得ないことも多いですが、
“想い続けること”が大事だと思って
います。とにかく、やりたいと思うこ
とは、今やってみること、ですね。

インタビュー記事より

でも声楽やりたいって
すぐに別の大学を受験するあたり
ほんとに好きになったらまっしぐら
ってかんじです。

たしかに突き詰めすぎてお金がやたら
かかることもありますからね。

そこらへんきちんと引き際はわかって
いるあたり自分自身をきちんと管理
できる人でもあると思います

わたしの周りにも音楽をやっている人
がたくさんいますが音楽を楽しめる人
ってみなギャンブルをしません。

たぶんギャンブルい以上に楽しいこと
を知っているから。
楽しいことをずっと続けていけるって
いいな~って思います。

4月から司会を務めることになった
「題名のない音楽会」
ではサックスの演奏もきっと
披露してくれそう。

舞台やドラマとの掛け持ちで
たいへんだと思いますが
楽しみにしています。

あまり頑張りすぎないでくださいね。

石丸幹二さん
ツイート
春です。

すごい!かっこいい!!


石丸幹二さんの
わくわくが伝わってきますね。

スポンサード リンク

シェアする

フォローする