新井雄大(バレーボール)のジャンプがすごい!身長や出身校が気になる!

シェアする

こんにちは。
東京は桜も終わって新緑の季節に入ろうとしています。先日はフィギアスケートの浅田真央ちゃんの引退で日本中が『お疲れさまでした』モードでたくさん特番が放送されていました。真央ちゃんの引退で2020年のオリンピックに向けて、各競技、いろいろな新旧選手の入れ替わり、世代交代も進むのかな~と思った方も多いと思います。

今日のスポーツニュースでバレーボール界の新星の話題を報道されていたのでご紹介したいと思います。バレーボールといえば、日本のお家芸的な位置づけとはいえ、最近なかなk世界の壁は厚いな、という感じですけどね。長年全日本の選手として女子チームを引っ張ってきた木村沙織選手も先日引退を発表。

男子チームは石川祐希選手が人気です。そんな男子バレー期待の新人は新井雄大選手18歳です。新井雄大選手は高校生でだた一人選手はただひとりU-23の代表候補に選ばれました。

スポンサード リンク

新井雄大選手のプロフィールは

生年月日:1998年6月27日

出身地:新潟県上越市

出身中学:上越市立城東中学校

出身高校:上越総合技術高等学校

身長:187㎝

体重:87㎏

スポンサード リンク

バレーボールを始めたきっかけは?

お兄さんの影響で5歳のころから近所のバレーボールチームに参加していいて、小学生のころからエースとして活躍しています。バレーボール歴は長いのですが、新井選手が注目されたのは2016年に入ってから。「新潟にとんでもないスパイカーがいるらしい」という情報を2020年の東京オリンピックに向けた強化指定選手を集めた「TEAM CORE」の監督で、ジュニア男子代表監督も務める酒井新悟氏が上越地区の大会視察に訪れます。前衛、後衛、ポジションに関係なくいたるところからスパイクを放つ新井雄大選手姿に度肝を抜かれたそうです。

そして昨年のU-23代表候補合宿に召集され、注目されるようになります。2016年春高バレーでは県予選を突破し、4回戦で東福岡に1-2で負けますが新井雄大選手は大会ナンバーワンアタッカーと能力の高さを評価されます。

新井雄大選手のジャンプがすごい

身長187センチ。バレーボール選手としてずば抜けて高い身長ではありませんが、新井雄大選手のジャンプの時の最高到達点は350㎝で、あの石川祐希選手よりも高いポジションです。3m50㎝ってすごすぎます。ジャンプしたら150㎝の私の倍くらいのとろまで飛べるんですね。

大学進学先は?

2017年4月より新井雄大選手は東海大学に進学しました。ということは神奈川ですね。テレビでは早速バレーボール部の寮に入る様子が取材されていました.寮と言ったら同じ部屋で4人くらいの共同部屋を思い浮かべますが、テレビで見る限り、小同室の選手はほかにはい内容でした。それまで実家暮らしだった新井雄太選手。お母さんの手料理が恋しい時期かもしれません。

新井雄大選手の今後の目標は?

『2020年のオリンピックに出場すること』だそうです。そりゃもうじきですもんね。強化選手にも選ばれオリンピック出場は今後大きな事故などない限り代表だと思います。まだ大学生になったばかりだし、これからの伸びしろが大きく楽しみです。

男子バレー界のニューヒーロー 新井雄大選手
新潟県上越総合技術高校から この春東海大学に進学し 全日本にも選ばれ 大学リーグでもスタメン出場で活躍している注目の選手です!

バレーボールファンも地元のファンもそして日本中から注目を集める存在になりましたね。プレッシャーに負けずのびのびやってほしいと思います.

スポンサード リンク

シェアする

フォローする