夫源病で離婚や別居の原因に!?慰謝料ついても調査してみた!

シェアする

スポンサード リンク

みなさんこんにちは。

トミーです。

みなさん日常生活で
ストレスってありますか?

わたしも何かとストレスを感じやすいほうなのでいろいろとストレス解消には気を付けています

とはいえ、わたしは結婚してないし子供ももいないので家庭を持っていらっしゃる方のストレスとかは理解の使用もありません。

まあ優しい旦那さんやくわいい子供に囲まれて幸せそうだな~なんて思うのは隣の芝生は青く見える

ってことなんだとはわかっていますがやはり実際のところどななのかな?なんて人前ではとても幸せそうに見える家族連れをみるにつれその「裏側」を妄想してしまう嫌な性格のトミーです。

とはいえ私の「ほんとは幸せではないのでは?」というわたしの考えはあながち想像の世界だけではなく実際に

「夫源病」なんていかにもらしい病名のついたきちんとした病気として存在しています。

そんな「夫源病」につて調べてみました。人によってはこれが離婚へとつながることにもあるようなんでお金の側面からもいろいろと調べてみたいと思います。

「夫源病」とは?

夫の行動や言動に対する不満がストレスとなり身体に更年期のような症状が出てしまう病気です。

スポンサード リンク

夫源病の症状って?

原因不明の不定愁訴や強い耳鳴り、横揺れのめまい、激しい頭痛、のぼせ、ひどい肩こり、全身の痛み、息切れ、倦怠感、など。
時には吐き気やイライラ、逆に落ち込みなど。

おもに更年期に見られような症状があります。

原因となる夫の行動や言動って?

・服を脱ぎっぱなし

・家でゴロゴロしている。

・「飯はなだか」「風呂は沸いたか」など上から目線。自分のペースを押し付けて自分は動かない。

・人前では愛想がいいが家では不機嫌

・家事に手を出さないが口は出す

・「ありがとう」「ごめんなさい」の言葉がない

・妻の行動や予定をしつこくチェックする

・友人や趣味が少ない

・何かとパートナーをコントロールしたがる

・イクメンを自称する

・人前でパートナーをけなす

https://moomii.jp/couple-family/the-hugenbyo.htmlより

これらの特徴のある男性って案外多い気がします。私のまわりにも存在するし、そのせいかはわかりませんが確かにいろいろと問題を抱えている人の方が体調不良を訴える人が多い気がします。そして記述どおり更年期障害の症状と似ています。

もし原因不明の症状が出た場合は?

もしも頭痛やめまいなどの症状の場合は脳血管障害などを否定する必要もあるのでまずは脳外科や神経内科になります。

胃痛や吐き気なども同様。消化器の病院を受診し胃潰瘍や胃がんなどの疾患を否定してからしかるべき専門の病院を紹介してもらってはどうでしょう。

かかりつけの医療機関があれば

現在の症状について相談して専門の病院を紹介してもらうことも可能です

専門のお病院はやはり「精神科」になります。精神科というと敷居も高くなりますが最近はちょっとしたこころの不調でも気軽に相談できるように面談やカウンセリングの充実した施設もあるのでクリニックなどでかかるのもいいかもしれません、」

夫源病の原因の夫への対処法は?

・自分の気持ちを素直に伝えてみる

自分の気持ちをストレートに伝えて、夫自身に病気に目を向けてもらます。そして原因をなっている言動や行動をやめてもらいます。ちょっと勇気がいりますが、このまま我慢してもっと症状を重くするよりは夫婦の関係を改善することが病気を改善する一番の方法ですよね。

・夫との距離を改善する

あまりに妻への依存が高い夫には少し距離を置いて、こまごまとした世話を焼かない、一緒に外出しない、など物理的にできるだけ距離を方法もありますね。これによって妻のありがたさがたさについて気が付くきかっけになります。

・ストレス発散法を覚える

スポーツ、カラオケ、友人に愚痴を聞いてもらう。散歩や買い物など女性はストレス発散が上手なんです。
何か没頭できる趣味を見つけるのもいいし楽しいことを見つけるだけ症状も軽くなります。
ぜひストレス発散法を見つけてください。

夫源病で離婚は可能なの?

不調の原因が夫であると考えると離婚するのが体のためには一番いいことです。ですが離婚なんて簡単にできるものではありません。
結婚よりも大変だし何せ離婚によるストレスで余計に症状が悪化する可能性だってあります。

離婚するためには準備が必要でもその前に

・経済的な自立

当然ながら離婚すると自分自身で政経を立てないといけません。専業主婦の場合は離婚準備のためにも何か仕事をもってみましょう。仕事を始めることで距離もおけるのでまた夫婦関係も変わってくるかもしれません。

・夫の言いなりになるのをやめる

これができないと離婚だって言い出せないですよね。当然ながらいきなり「家出」はやめましょう。これも症状悪化の原因となります。拒否したり断るってとても勇気のいることですがどうしても夫がごねる場合は「医者に指示されている」と言って受け流すのもいいかもしれません。

・夫の世話を焼くのを辞める

夫の世話を焼いてしまうのもは夫もそうですが自分自身も夫に依存しているからだと考えられます。妻じゃなければいけないことってそんなにないはず。なんでも手を出すのではなくお互いに自立できるようにあまりに世話を焼きすぎるのをやめましょう。

・「離婚」を出してみる

あまりに「離婚」を頻繁に口にしていると「またか」と思われますが夫の言動や態度が改善しないときには「離婚」の意思があることを伝えて気持ちを分かってもらうのも手です。
だいがい妻の気持ちに無頓着な夫でしょうからいきなり「離婚」の文字が出てくると少しはショックを受けて態度や言動を改めると思われます。

離婚したい場合慰謝料は請求できるの?

気になるのは慰謝料が請求できるのかというところですが慰謝料は離婚になった原因を作った側が精神的な苦痛を与えた配偶者に支払う損害賠償となります。慰謝料の対象となるのは、配偶者に不貞行為があった場合や配偶者から悪意で遺棄された場合を基準に考えられます。
やはり慰謝料を請求したい場合は専門家へ相談してみることが大切と思われます。

弁護士費用などに不安を感じる場合は法テラスもあります。

ほんとに離婚が必要かもう一度考えてみよう。

夫源病って病気になるくらい夫の存在が苦痛。なので離婚。簡単に離婚できるくらいならそもそもそんな病にかかったりしません。長い間の苦痛、我慢がこのような身体の不調となって表れたと考えるとこれからさきずっともっと体調が悪くなるくらいならもう離婚してしまおうっていうのもわかりますが離婚する勇気を夫婦間の関係改善のための勇気に変えてみるのも最初の一歩としては必要かなと思われます。離婚はいろいろな改善をはかる手立てをもってしても無理な場合に考えてみませんか?
経済的に弱い立場である妻だけがこのような身動きが取れない状況になるのは非常にはがゆいし腹立たしい気持ちにもなりますがもし経済的には離婚は策ではないと考える場合はもう妻を「仕事」として割り切るしかないのかなとも思います。

とはいえ長年連れ添った夫婦です。

相手をもう少しだけ信じ手思い切って自分の気持ちを話てみてくださいね。

スポンサード リンク

シェアする

フォローする