鈴木浩子(市議会議員)の夫はプロレスラー?子供も気になる!

シェアする

スポンサード リンク

こんにちは
トミーです

そろそろ本格的に雨に季節に
なってきました。
みなさんもお出かけの際には
傘をお忘れなく。

さて、きょうは市議会議員さんについて
調べてみたいと思います。

なんでももともアナウンサーだったのにご主人のために女子プロレスラーに転身!
その後はなんと市議会議員になったという異色の経歴の持ち主。

その方は鈴木浩子さんとおっしゃいます。鈴木浩子さんは現在船橋市議もつとめながら女子プロレスラーにも?

いったいどういうことなんでしょうか?

スポンサード リンク

鈴木浩子さんのプロフィールは?

氏名:鈴木浩子

生年月日:1974年2月14日(43才)

出身地:千葉県船橋市

出身校:明治大学文学部

明治大学時代に同窓のラグビー部員だった鈴木健想氏と知り合います。

鈴木浩子さんは大学卒業後
1998年福島中央テレビに入社ました。
福島中央テレビでは「水沢弘子」の
名前で番組を担当していました。

2000年にはテレビ局を退社しフリーとして活動しました。
2003年に鈴木健想氏と結婚します。
鈴木健想氏は就職先を退社し

新日本プロレスのプロレスラーに転身。2004年にWWE(アメリカのプロレス団体)入りした健想氏と共にアメリカへ渡り、日本人として初めてWWEとディーバとしての契約を結びます。

健想氏のリングネームが「ヒロヒト」の予定でしたがこういう扱いは
昭和天皇や日本に対して失礼であると
鈴木浩子氏がWWEに抗議し、逆に浩子さんが注目されるようになり
浩子さん自身がディーバ契約を結ぶことになりました。

もちろんそれは試合の裏方だろうと考えていた浩子さんですが芸者の資料を求められ、そろえた資料を渡すと
「それできるの」と聞かれて初めて自分が選手として出場するんだと気が付いたそうです!!

さすがに断ろうと考えていた浩子さんでもご主人の健想氏から「おまえはラッキーだ!」
と言われて喜ばれさらに健想氏が「イエス」の返事をしてしまい。

女子プロレスラー誕生となったそうです。まあ人生いろいろですがまさかのプロレスラーデビューってこれはなかなかすごいですね。

リングネームは
「ゲイシャガール」強いんだかどうだっかもう日本のイメージだけでつけたリングネームですね。

それでなくても素人なのに芸者さんのコスプレで試合に出るとしたら相当過酷なような気がします!!
浩子さん大丈夫だったのかしら。。

プロレスの技を指導してもらったりしたそうですが結局リングに上が宇るというよりは通訳として出場したりが多かったそうです

2005年には健想氏が解雇され同時に浩子さんも契約を解除されますがアメリカのインディー団体で時折試合に出場したそうです。

ご主人の健想さんもほんとのプロレスが好きなんですね。

2005年に健想氏は日本のプロレス界に復帰。
2006年浩子さんも「メカ浩子」としてレスラー復帰。

2007年メキシコのプロレス界へ。
2010年帰国。健想氏は全日本プロレスに正式入団。

いや~。
鈴木浩子さん
ご主人の鈴木健想さんのプロレス人生に引っ張りまわされてますね。
浩子さん自身も楽しいならいいけど
わたしなら「勝手にどうぞ」ととうに切ってるよ!!

市議に転身

鈴木浩子さんは2015年
出身地である千葉県船橋市の市議会議員選挙に出馬し、4220票を獲得し当選しています。いきなり政治家への転身で「ええ!!」と思った方も多いのでは?

この市議立候補ももともとはご主人の後押しによるものだそうです。なかなか華麗な転身ですよね。

また地元の船橋市ってところがいいですねちなみにわたしは船橋のとなりの市川で働いています。

鈴木浩子さんのお子さんは?

現在5歳ぐらいのお子さんがいるそうです。男の子だそうです。
まだか将来はプロレスラーになりたいと言っていたりして。。

市議とプロレスラーの妻と子育てと大変だと思いますが頑張ってほしいですね。そのうちご主人も政治家にとか言い出しそう。。

スポンサード リンク

シェアする

フォローする