台風3号の佐賀県に接近する日時は?進路予想や勢力について!

シェアする

こんにちは。
トミーです。

新しい台風が報告されています。
実家が九州なんで台風が来るたびに
心配になります。

以前大雨え床下浸水したこともあるので
それに状況によって雨漏りも
いろいろな対策が必要ですね。

台風3号発生

2日朝、沖縄の南で発生しました。
3日にかけて沖縄の諸島に近づく見込みで警戒が必要です。

台風3号の九州接近は?

台風3号の九州接近は4日から5日にかけて九州から西日本に近づくもようです。

また4日朝には九州の北部に台風が近づ大荒れの天気になる恐れがあります。

台風の概況は?

2017年7月2日22時30分時点

台風第03号

3日9時には石垣島の北約200kmにあって、

北へ毎時30kmで進んでいます。

中心気圧は990hPa、

中心付近の最大風速は25m/sです。

この台風は、東シナ海を北上後、

4日9時には平戸市の南南西約50kmに達するるでしょう。

その後、熱帯低気圧に変わり、

5日9時には関東の東に達する見込みです。

台風の進路にあたる地域は、
暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。

佐賀県に最も接近するのは?

3日の夜から4日にかけてでしょうか?

米軍の予想図を見ると
ちょうど3日18時から4日にかけて福岡、佐賀県側を
通過する予想となっています。

暴風圏内になりますので
戸締りなどの準備は行っおきましょう。

7月3日9時の台風の予想勢力

中心気圧:994hPa

位置:石垣島の北約160㎞km/h

方向、速さ:北北西に20㎞/h

中心付近最大風速:23ⅿ/s

最大瞬間風速:35m/s

7月3日21時の台風の勢力予想

中心気圧: 994hPa

位置: 東シナ海

方向、速さ:北に30km/h

中心付近最大風速:23m/s

最大瞬間風速:35m/s

台風だけじゃない梅雨前線の影響も?

数年前にやはり梅雨前線と台風が重なり
大雨になった記憶があります。
天気図もどうしても
台風なら台風だけの状況になりがちですが
実はまた梅雨明けしてないんですよね。

しかも台風とかくると停滞しちゃい、
台風と関係して大雨や強風の原因になります。

台風に備えての準備5ポイント

①家の外回りの確認

すぐに飛ばされそうなもの
洗濯ばさみや植木鉢、自転車、バケツなどは家の中に入れておきましょう。

水はけがきちんとできるように普段から排水溝や雨どいが落ち葉などでふさがっていないかのチェックもしておきましょう。

屋根や物入れ(倉庫)の扉などの故障はないか前もって確認しておいて必要に修理は早めにしておきましょう。

②飲み物や水の準備

わたしは一応水だけは念のため2リットル6本入りを2箱キープしています。
また消費期限が長めのレトルト食品や即席めん、キャンデーやチョコレートも災害時には重宝しますよ。

③携帯ラジオや懐中電灯の準備

最近は防災意識も高まってこれらはほとんどのおうちにあるかもしれませんね。

予備電池も確認しておきましょう。

④どうしても外出するときは?

外出するときには交通機関の状況などから帰れなくなる可能性もあります。
着替えや現金などは余分に準備しておきましょう。
でもできるなら台風が来そうなときは外出は避けたいものです、

⑤ガラス窓の補強

何かが飛んで来て窓ガラスが破損するかもしれません。窓にガムテープを貼って補強しておくこと。また雑巾や使わない衣類などを玄関や玄関の隙間に詰めるようにおいておくこともおススメです。

九州は毎年大きな台風に見舞われているし
この時期長雨も続いて地盤もゆるくなっているところもあるかもしれません。

大丈夫と思っていても
いつ災害に巻き込まれるかわからないので
災害に注意しできるだけ被害を食い止めるように準備しておきましょう。

シェアする

フォローする