くりた陸さんの夫や娘について!これまでの作品や年齢も気になる!

シェアする

スポンサード リンク

こんばんは。
マンガ家のくりた陸さんが亡くなったそうです。
私が若いころから活躍されていました。
どんな作品を発表されて、年齢はいくつだったのか気になったので調べてみました。

くりた陸さんプロフィール

ペンネーム;くりた陸(くりたりく)

本名:岸本 摩由美(きしもと まゆみ)

生年月日;1962年10月18日

没年月日;2017年7月4日

享年:54歳

出身地:青森県

スポンサード リンク

くりた陸さんのデビューは?

くりた陸さんは1980年代から少女漫画誌「少女フレンド」で活躍。主に恋愛やファンタジー作品を多数発表しています。

その後同じ講談社の漫画雑誌『デザート』や『BE・LOVE』で大人の恋愛や家族の愛情を描いた作品作品を発表しました。

小説や映画を原作とする作品や小説のイラストも手がけていました。

くりた陸さんのこれまでの作品

パステルトーンの童話 (1985年)

ゆめ色クッキング (1988 – 1990年)

寝顔は見ちゃイヤッ(1990 – 1991年)

ぷっちん♥Hi!School(1991 – 1992年)

北極星に投げキッス (1993 – 1994年)

Chu♡してBOMB! (1994 – 1995年)

愛ってなぁに?(1995年)

恋する女のコのお菓子BOOK 巻(1995 – 1997年)
くじらの親子(1996 – 2002年)

マカロンにおまかせ (1997年)

苺とチョコレート(2000年)

あの虹を越えて-坂本さんち物語-(2000年)

海をわたる風 – 原作は上野紀子(2001年)

ストロベリー・シャンパン(2002年)

永遠の瞳(2002年)

プチナ→ス(2003年)

卒業 (2003年)

お天気に恋して(2004年)

深呼吸の必要 THE COMIC (2004年)

オレの子ですか?(2004 – 2006年)

Shall We バレエ?-バレエでキレイになる-(2005年)

博士の愛した数式(2005 – 2006年)

幸福な食卓(2006年)

いってきます(2007年)

給食の時間(2006 – 2008年)

60歳のラブレター(2009年

銀座タンポポ保育園(2009年)

MIYAKO バレリーナ吉田都ものがたり(2010年)
美姫の蔵(2010年)

アンナ・パブロワ(2012年)

など

デビューから現在までたくさんの作品を発表されていますね。
この間闘病も入り、とてもたいへんだったと思いますが

すごく精力的に創作されたんですね。
今代表作の「ゆめ色クッキング」を読ませていただきました。
とてもかわいい作品。まさに80年代の少女たち(わたしみたいな)の支持をえられる作品だったと思います。

乳がんの告知について

くりた陸さんは2004年に乳がんの告知を受けました。その時すでにガンはステージⅢまで進行していました。その病院では治療できないといわれ、大きな病院を紹介されます。そこでまず抗がん剤で主要を小さくしてから切除することになり、まず半年間抗がん剤の治療を受けます。

生存率50%と言われる

抗がん剤治療中に医師からこのステージでの5年生存率は50%だといわれ、死んだあとに残したくないからとほとんどの原稿を処分しました。

その後手術にて腫瘍を切除。すでに10か所ほリンパに転移していることがわかりました。


その後2012年には骨転移とリンパに遠隔転移が見つかります。医師からは「もう直すには無理なので延命考えていきましょうと言われました。

その後も治療を続けながら作品を発表。2011年に発売された雑誌「フォアミセス」ではがん告知された当時の心境を自伝マンガ「陽だまりの家」で執筆していました。

7月に発売された「フォアミセス」誌上では末期がんで闘病中のくりた陸さんの読み切りマンガ「娘とともに・・・」が掲載されています。

最後の作品は秋田書店のマンガ雑誌「エレガンスイブ」の関東カラーだったそうです。

くりた陸さんの夫は?

くりた陸さんのご主人は
岸本憲二郎さんです。

1990年ごろにご結婚されています。

闘病しながらの執筆。少しずつ体調が悪くなる奥さまを支えてきたんだと思います。くりた陸さんのツイッターを拝見すると放射線治療のため片道3時間かけて
通院していたこともあるようです。

最後まで創作意欲はそのまま

くりた陸さんのツイートを拝見すると毎日、いろいろなつぶやきを投稿されています。おもに体調にかんするツイートなんですが、2月25日ツイートには最後までマンガを描きたいという希望をつぶやいておられます。

片道3時間往復6時間。
治療のためとはいえ、毎日のこと。かなりたいへんだったと思います。

「フォアミセス」4月号で掲載された作品の一部。ご自分の経験が作品になっているんでしょう。

くりた陸さんの娘さんは?

娘さんについての詳細はわかりませんでした。ですが闘病していたお母さんを支えていたことは間違いないと思います。

くりた陸さんの作品は現在

https://comic.k-manga.jp/search/author/7895

で無料で読むことができます。

わたしの少女時代に読んだマンガ家さん現在でも活躍されているかたって少ないですがくりた陸さんはその貴重なおひとりでした。

原稿はほとんど処分したり売却したりしたようですが、インターネッとが発達した今はその作品を誰でも読める時代が来ました。原稿や本が手もとに無くても作品は読めるようになったし、特に少女時代に読んだ作品ってマンガでも小説でもいつまでも心にのこったフレーズやシーンが忘れられないもんですよね。

くりた陸さんの作品もきっとファンの肩のこころにいつまでも残るし愛され続けると思います。

くりた陸さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサード リンク

シェアする

フォローする