真風涼帆の本名や年齢は?涼風真世と名前がそっくりだけど関係は?

シェアする

スポンサード リンク

こんにちは。7月も半ば。
きょうも東京は暑かった。
なるべく外は歩きたくなかったです。
まあ通勤はしょうがないですが。。

電車の中の冷房がききすぎてて
外と電車内での調整がむつかしいです。
みなさんも身体冷やしすぎて体調を久津さないようにね。

さて、宝塚では宙組8代目トップスターが発表されました。
次期トップスターは真風涼帆さん。

真風涼帆さんについて調べてみました。

スポンサード リンク

真風涼帆プロフィール

氏名:真風涼帆(まかぜすずほ)

本名:松谷論里華

生年月日:1986年7月18日

出身地:熊本県菊池市

出身高校:県立大津高等学校

身長:175㎝

血液型:B型

愛称:ゆりか、すずほ

真風涼帆さんは小さいころからお母さんがダンス教室をやっていた影響で踊ることが大好きでした。

中学3年の時に熊本で月組全国ツアー公演「大海賊/ジャズマニア」の観劇しが宝塚との出会いでした。

会場に置いてあった音楽学校の願書を目にし、母の勧めもあり中学卒業時に受験。何の準備もせずに臨んだため、二次試験で不合格となります。

二次に進むだけでもすごいことだとは思いますが。ですがこれにくじけず受験後に、花組公演「琥珀色の雨にぬれて/Cocktail」を観劇し「やっぱりここに入りたい」と強く思うようになり、高校入学後に声楽やバレエを習い始め本格的に宝塚を目指します。

3度目の受験で念願の合格。

2004年4月に宝塚音楽学校に入学しました。
2006年3月宝塚歌劇団92期生として入団。
宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台。その後、星組に配属となります。

2009年、安蘭けい・遠野あすか退団公演となる「My dear New Orleans」で、新人公演初主演。

2012年、ショー「Étoile de TAKARAZUKA」で、5度目の新人公演主演を果たし、新人公演を卒業。以降、柚希礼音、紅ゆずるに次ぐ星組3番手として躍進します。

2015年5月11日付で、宙組へ組替え。宙組では2番手となります。

2017年11月20日付で、朝夏まなとの後任として、宙組8代目トップスターに就任予定となることが発表されました。

相手役には星風まどかさん。年末の「タカラヅカスペシャル2017」が、トップコンビとしての初仕事となる予定です。

真風涼帆さんのニックネームの「ゆりか」は本名の「論里華」からこれで「ゆりか」と読むんですね。

さらに「すずほ」はもちろん芸名からですね。宝塚って必ず芸名つけなきゃいけないんでしょうか?

真風涼帆さんの年齢について

真風涼帆さんは1986年生まれなのでもうすぐ31歳。役者として油ののった時期と言えるでしょうか。

31歳でトップといういのが遅いのか早いのかわたしはよくわからないのですが、
調べてみましたが、「夢を売る仕事だから」と本名や実年齢も公表されていないので何歳でトップになったということも

実は大々的には公表できない事実ということなんですね。でもわたしがちょっと調べただけで本名や年齢は分かってしまったので

まあ建前としてはトップになった年齢はわからないということです。
ですが、だいたい17歳か18歳で宝塚音楽学校に入学。2年間勉強。

そして宝塚に入団。そして入団から何年目でトップにと逆算するとだいたいの年齢なんかはわかってしまうんですね。

それで他の方々と比べてみても31歳でトップというのは他のトップになった方たちと同じくらいの年齢みたいです。

またまた調べてみると宝塚音楽学校は浪人しちゃいけないそうです。

中学は義務教育だからそこは卒業してからだから高校の3年間の間にぜったいに宝塚に合格しなければいけないということですね。

大学生ではダメなんです。年齢制限が18歳までだから。。
なので宝塚に合格するとその段階で高校は中退。

ということになるそうです。だから18歳で合格した場合は高校卒業後に宝塚歌劇団に入団ということですね。

真風涼帆さんは中学3年生の時に最初の受験だから高校2年生で合格。高校は3年生は行かなかったかもしれませんね。
ここはわたしの憶測です。

芸名の真風涼帆の由来は?

パッと見元宝塚の涼風真世さんにそっくりだと思いませんか?わたしはてっきりこのニュースは涼風真世さんのことだと思い、でももう引退された方なのになぜ?

なんて思いました。

涼風真世(すずかぜまよ)さんは

1960年9月11日生まれの56歳
宮城県石巻市出身。
1981年、第67期生として宝塚歌劇団に入団。
1990年月組のトップスターに就任
1993年7月に退団。

現在も舞台やドラマで活躍中

わたしは涼風真世さんというとやはり
アニメ「るろうに剣心」の 緋村剣心役ですね。あれずいぶん長くやっておられたから
もう涼風真世さんというと剣心って感じです。

真風涼帆さんこの名前はご家族がつけたそうです。
熊本の田舎出身だった真風さんは
田舎だから風をイメージ。

さらに南西の風は熊本では真風と書いて「マジ」と呼んでいたんだとか。
それで真風(まかぜ)にしたそうですが

涼帆という名前についてはよくわかりません。なんとなくやはり涼風真世さんとつながりを感じますが。

でも涼帆ってかわいい名前ですよね。てっきり娘役かなと思ってました。

結局名前が似ているのは偶然なのかな?
パッと見ほんと涼風真世よ読んじゃいます。

わたしそそっかしいし!

真風涼帆さんこれから宙組トップとして今まで以上に注目されるでしょうが
頑張って宝塚ファンに夢を届けてほしいと思います。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサード リンク

シェアする

フォローする