松本健吾(東海大菅生)の経歴や進路が気になる!

シェアする

こんにちは。
夏真っ盛り。子供たちは夏休みも始まって毎日宿題やら遊びで忙しいでしょうか。

さて、2017年の夏の高校野球の予選が全国で開催中ですね。わたしの出身地の宮崎ではウルスラ学園が代表になりました。わたしが学生時代はウルスラは女子高だったのに。。いつのまにか共学になっていました・・

今年の夏の甲子園は盛り上がりましたね! いろんな注目選手がいて 話題を集めました。 そして 今アメリカではリトルリー...
みなさんこんにちは。東京は桜ももう終わりかなという感じ。風の強い日には桜吹雪がきれいなんです。 きょうは日本競泳界に新星登場のうれしい...

さて、注目は西東京の代表です。全国から大注目の清宮幸太郎くんがいる早稲田実業と3年連続で決勝戦で敗れている東海大菅生高校の対決。

先ほど決勝戦が終わり6-2で東海大菅生高校が念願の甲子園への切符を手にしました。
注目の4番清宮幸太郎くんこの決勝戦は3打数1安打1四球でした。
東海大菅生高校はなんと17年ぶりの甲子園なんですね。しかもこの3年決勝で敗退。。くやしかったでしょうね。まさに悲願の甲子園。決勝戦見てましたが東海大菅生高校の生徒たちけっきょう冷静な戦いっぷりだったような。。3年も連続してまけてるのに選手たちは「また今年も」なんて負の感情にとらわれなくてよかった。まだ若いですもんね。

ここで注目の選手が投手の松本健吾くん。

甲子園での大活躍が期待される松本健吾くんいついて調べてみました。

スポンサード リンク

松本健吾くんプロフィール

氏名:松本健吾(まつもとけんご)

生年月日:1999年生まれ(18歳)

出身地:東京都中野区

出身中学:中の区立緑野中

松本健吾くんは小学生のころから野球をはじめ。中学生のころは東京青山シニアに所属し、中学3年夏に日本選手権3位入賞しています。
東海大菅生高校野球部では1年生のころから控え投手としてベンチ入りしています。2016年の都大会1回戦の大成高校戦では6回10奪三振でノーヒットノーランを達成しています。
2017年は1月から3月まではケガで投げらずに過ごしますが、この夏の西東京大会より出場することができました。準々決勝の日大三校戦では10奪三振。

3年連続で決勝戦で負けていた東海大菅生高校は早稲田実業への戦術もそうとう練っていたんではないでしょうか?投手の松本健吾くんも周りに目を配りながらの投球で常にリードしていた余裕だったからかもしれませんが、落ち着いてるなという印象でした。

しかも4年目の悲願です。ここで集中力をきらさずに全国大会頑張ってほしいなと思います。

スポンサード リンク

今回の西東京大会が始まる直前の二松学舎大付との練習試合では松本選手は7回3安打1失点という好投ぶりだったのですが試合後のインタビューでは「もっと厳しいコースを攻めたい」と語っていました。

試合を重ねるごとに課題が出てそこをひとつずつ克服していくことが大切ですよね。やはり満足していただそこで終わりですから早稲田実業との対戦についてはこの時「負ける気がしない」と語っていました。イメージ通りの試合だったのかもしれませんね。

松本健吾くんの投球の特徴は?

松本健吾くんは最大145キロの直球を投げます。フォークで空振りを誘い、高速フォーク(SFF)で打者のタイミングをはずします。

2年生の時のケガ(左下腿内側痛)では一時試合に出られない時期がありましたが、ケガ明けの3年生の春には事項最速の145キロをマークしています。

卒業後の進路は?

松本健吾くんの今後の進路についてはまだ情報はありませんでした。大学進学かプロからの打診があるのか?今後の情報に要注意ですね。

これからが楽しみな投手です。
清宮幸太郎選手の早稲田実業も頑張ったと思います。清宮君はプロへ決まりが、大学野球にすすむのかこちらも今後の報道に注目ですね。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサード リンク

シェアする

フォローする