浜渦聡美(聖心ウルスラ学園野球部副部長)の経歴や年齢は?監督も調査してみた!

シェアする

こんにちは。
トミーです。
先日始まった夏の全国高校野球選手権大会。

わたしの出身地の宮崎県代表チームも頑張っています。
代表チームは宮崎県延岡市にある「聖心ウルスラ学園高校」です。
聖心ウルスラ学園高校は出場2回目。

こんにちは。 とうとう始まりましたね。 夏の甲子園野球。 わたしの出身地の宮崎県の代表は 今年は聖心ウルスラ学園です。 わたし...
こんにちは。 夏真っ盛り。子供たちは夏休みも始まって毎日宿題やら遊びで忙しいでしょうか。 さて、2017年の夏の高校野球の予選が全国...

前回は2005年にわずが創部から3年目にして甲子園出場を成し遂げたました。
あれから12年。やっと念願の2回目の出場となっています。

8月10日の第3試合で同じ九州勢である早稲田佐賀高校と対戦し一回戦突破となりました。

この宮崎県代表の聖心ウルスラ学園高校ですがこの学校名も変わっていると話題になっていますが

ほかに野球部に副部長が女性ということも話題になっています。

その副部長の名前は

浜渦聡美さん
その浜渦聡美さんについて調べてみたいと思います。

スポンサード リンク

聖心ウルスラ学園高校とは?

聖心ウルスラ学園もとの緑ヶ丘学園は
1955年に創設されたミッションスクールです。
場所は宮崎県延岡市の緑ヶ丘です。
聖心ウルスラ学園として改名したのが1990年です。

改名してからは27年ですね。
わたしが高校を卒業して間もなくでした。
ですが当時はまだ女子高でした。

2002年に共学になりました。それと同時に野球部も創部されています。

スポンサード リンク

浜渦聡美さんの経歴は?

現在28歳ということなんで1989年生まれかな?

浜渦聡美さんは宮崎県日向市出身です。
もともと浜渦聡美さんはお父さんが地元のソフトボールチームのコーチをしていた関係で自分も小学校4年生の時からソフトボールを始ました。

中学に上がってからもソフトボール部に入部。1年生の時はセカンドでしたが、2年生からピッチャーになりました。

ピッチャー転向後はなかなか練習の成果が出ず連取に身が入らなくなった時期もあったそうですが監督が
「お前がしっかりせんで誰がするとか」と一喝され、

「自分はスフとボールが大好きで、ソフトボールしかない」と気が付きます。
それからは常に上えを意識して練習するようになりました。

高校進学を決めるにあたりもっと上のレベルでやりたいと九州でも強豪と言われる佐賀女子高校に入学しました。

高校に入ってからは俊足を生かすために外野に転向しました。慣れない守備で戸惑いもありましたが、自ら先輩に指導を請い徹底的に練習しました。

2年生の春には2番センターの座をつかみます。そして全国大会には2年生に出演し見事優勝しました。

そっか~そソフトボールの選手だったんですね。全国大会を経験していう方が部長というのもいいですね。

高校卒業後は?

浜渦聡美さんが佐賀女子高校を卒業後どのような経路でウルスラ学園で指導につくことになったかはわかりませんが、

ウルスラ学園では生活面を中心に指導されているそう。
男性だけの野球部で女性がいるとちょっと空気が変わってよいのかもしれません。
自身もずっとソフトボールにかけてきたからこそ野球にかける高校生たちの気持ちもわかるかもしれませんね。

浜渦聡美さんは甲子園にはいかずに宮崎で1,2年生の部員の指導に当たっています。

いろいろな方面からのサポートがあってスポーツも集中できるんだと思います。

今後の聖心ウルスラ高校の活躍に期待したいですね。

監督はどんな人?

聖心ウルスラ高校野球部の監督は

小田原斉(ひとし)さん

小田原斉監督はもともと地元の延岡のご出身。自身はウルスラ学園を同じ延岡市にある延岡学園高校在学中に外野手として甲子園出場を経験されています。

高校を卒業後に社会人野球の名門プリンスホテルでプレー。その後母校で監督を務めていました。

2002年に聖心ウルスラ学園野球部創部時よりコーチに就任しました。2012年に監督に就任しています。

これまでのバントを中心として守備で手堅さが持ち味でしたが、今期より攻撃的な野球に変わっています。

これは昨年ウルスラ学園野球部の部長の就任した近藤洋次さんの影響もあるようです。

守備と攻撃がそれぞれ強くバランスがとれれこその甲子園。地元の代表として、選手を引っ張っていってほしいです。

なお小田原斉監督は3人の男のお父さんでもあります。

休日は野球をしてるお子さんの応援に行っているそうです。

お子さんの将来も楽しみですね。

聖心ウルスラ学園高校次の対戦は

8月15日の第4試合で
聖光学院(宮城)と対戦です。

体調管理だど大変だと思うますが頑張ってほしいですね。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサード リンク

シェアする

フォローする