台風18号(2017)の九州鹿児島と宮崎への到達は?米軍の進路予想も調査した!

シェアする

こんにちは。トミーです。

こちらは2017年9月15日の情報になります。

台風18号が日本を直撃しそうな勢いで北上しています。
気になるのが九州への直撃についてです。

先日もアメリカに大きなハリケーン「イルマ」による大きな被害があったばかりです。

アメリカのハリケーンもすごい勢力でしたが、今回日本の上陸予定の台風18号も非常に強い勢力を持っています。

スポンサード リンク

現在の勢力や位置は?

現在台風18号は沖縄の南の海上にあります。
14日の21時には久米島の西北西約260㎞になって北へゆっくりと進んでいます。

まで非常に強い勢力を保っています。

瞬間最大風速は70ⅿ/s

最大風速は50ⅿ/sという状況です。

この強い勢力のまま上陸するのは1993年の台風13号以来24年ぶりということです。

こんにちは。 トミーです。 新しい台風が報告されています。 実家が宮崎なんで台風が来るたびに 心配になります。 以...

15日以降の状況は?

15日の21時には東シナ海に進む見込みです。

16日には枕崎市の西南約200㎞に進み

17日21時には日本海に達する見込みです。

これはまさに数日かけて日本を縦断するコースになるようです。

この台風18号は24年ぶりの非常に強い勢力を持つ台風と言われていますが、

「非常に強い台風」とは最大風速が44メートル以上、54メートル未満の台風だそうです。「非常に強い」ということはそれだけ、暴風に警戒が必要になります。

台風が九州に上陸後は急にスピードを上げて、西日本を縦断、日本海を進み、18日(月)には北日本へと進む予想で、

3連休は台風18号の影響で列島各地では大荒れの天気が予想されます。

また、秋雨前線が本州の南岸沿いに延びるため、接近前から大雨の恐れもあります。

最近の状況を見ると台風本体だけでなく前線が刺激され、大雨になるということもよくありますね。

なので台風18号がまだ近づいていない九州より北の地域でも警戒が必要になりますよ。

スポンサード リンク

15日16日の交通情報が気になる

九州地方の鉄道に関する運転中止の路線は今のところないようです。

ただ少量故障などの影響でやや遅れが生じている路線もありますので早めに確認した方が良いと思われます。

https://transit.yahoo.co.jp/traininfo/area/7/

こちらのサイトでは具体的な台風の位置がわかります。

https://map.yahoo.co.jp/maps?layer=typhoon&v=3&z=7&lat=17.20&lon=109.25

米軍の進路予想情報とは?

アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター(JTWC)が発表する台風情報です。

この台風情報は、本来は米国の政府機関による利用を意図した情報ではありますが、一般の人々もアクセスすることができます。

通常は6時間おきに情報を発表します。

これが日本の気象庁の予想よりも正確であると昔から評判なんです。

上の図が今回の台風18号の米軍の進路予想です

これは、ほんとうに日本列島をほぼ横断しています。

17日から18日にかけて九州や四国に一番近づくようです。

ほんとに台風18号の渦上の雲がすっぽり覆ってしまう感じです。

今回の台風18号の勢力を考えると九州各県にどれだけの影響するのか心配です。

九州と四国を通過したあとは速度を速めるようで18日には北海道に到達していますがこの時にはもう温帯低気圧に変わっているでしょうね。

イベントの休止も相次いでる?

今回の台風18号はたまたま3連休に入るところだったので学校に関しては休校などになる心配はありませんね。

でも3連休だからこそ、全国各地で予定されていたイベントが大丈夫か気になります。

15日の段階で中止が決定している九州(主に鹿児島)のイベント(15日でわかっている範囲です)

・鹿児島県の16日から18日にかけて開催予定の県民体育大会は注しとなっています。

・15日から3日間鹿児島市高麗町甲突川沿いで予定されていた「水辺のフェスティバル」は、29日からの3日間に延期となっています。

・16日と17日に重富海岸で予定されていた「なぎさのハイカラビール祭り」は23日(土・祝」に変更になっています。

・16日に薩摩川内市内で予定されていた「薩摩川内市子供大綱引き」は中止が決まりました。

・17日に薩摩川内市・甑島で予定されていた「甑海峡横断レース」は中止が決定しています。

・17日に予定されていた鹿児島市のラ・サール学園の体育祭は翌18日に延期が決まりました。

・15日)に久留米市で開催予定であった花火動乱蜂や赤司八幡宮放生会奉納花火大会が延期となりました。

・第27回広川かすり祭も中止が発表されています

・花火動乱蜂は神事のみ、15日、花火は18日に延期とっています。

宮崎県内では台風18号に伴い野球大会などのイベントがいくつか開催予定ですがまだ中止の書き込みなどは無いようです。

屋外で行うイベントはこの週末の予定のものはほとんどダメかもしれません。

室内でのイベントなら大丈夫でしょうが。

場所を移動する場合や日程変更、中止も多々あると思いますからしっかり電話やネットで確認してからにてから準備しましょう。

まずは自宅の周辺の状況ですね。

すでに台風18号で大雨だったら出かけない方が良いし、

そうでなくても時期に大雨になるかもしれないのでやむを得ない状況の時以外は外出はしない方が良いかもしれませんね。

9月16日情報

16日の段階でわかっている台風18号に関する交通の情報です。

空の便

東京、大阪、名古屋と鹿児島、宮崎、熊本を結ぶ便は17日はすべて欠航となっています。

ご注意ください。

鉄道

鹿児島、宮崎、熊本の在来線は17日はほとんど運休となっています。ご確認ください。

ただ台風通過後転機の状況により運転再開もあると思いますので、最寄り駅にご確認ください。

台風の今後の進路や雨の予想は?

15日はまだ台風18号の上陸はありませんが、九州地方は台風18号の雨雲の影響で大雨のところがります。

九州の鹿児島県や宮崎県、西諸県諸島が特に大雨に見舞われるかもしれません。

戸締りや家の周囲の鉢植や窓ガラスは割れないようにきちんと固定、避難させておきましょう。

特にもっとも台風18号が近づく15日の夜間からは宮崎県は大雨の予報となっているので注意しましょう。

ヤフーのお天気HP

ヤフーのお天気ページは各県の市町村ごとの気象情報が詳しく出ています。

同じ地域でも最近はさらに町単位でゲリラ豪雨に見舞われたりします。

そんな時にはヤフーお天気ページも活用できます。

16日から九州の鹿児島、宮崎をはじめ九州各県や四国では局地的にも大雨暴風となるかのせいがあります。

17日は九州各地で暴風雨の予想となっています。

万が一大雨で家屋の浸水などがあったり避難した方が良い状況になった場合のための自宅近くの避難場所の確認をお願いします。

翌18日には九州のほとんどの地域で雨があがる予報となっています。

買い物なども行けるとは思いますが、週末の交通状況によっては品薄になることも考えられるので買い物などは15日のうちに済ませると良いと思います。

またご家庭の雨戸などもしっかり閉めておきましょう。

また雨と風が激しい時は海沿いや河川敷などには近づかないようにしてくださいね。

台風19号も発生しています。

台風19号も発生しています。

台風19号は南シナ海にあり、時間25m/hで西北西に進んでいます。

15日にはベトナムに到達する見込みとなっています。

ベトナムのみなさんも台風の雨や風に注意してほしいと思います。

最近の台風や低気圧に伴う大雨は極地的に雨が降る場合もあります。

家の中でも災害時に備えた準備はきちんとしておきましょう。

わたしの実家は宮崎の海に近い場所にある一軒家です。

以前も台風ではありませんが満潮と重なっ大雨で床下浸水したことがあります。

あの時は仕事にも行けない状況でした。

近所にある地元で一番の大きなショッピングセンターであるイオンモールが浸水して数日営業休止にもなりました。

台風が来るたびに心配していますが、今回の台風18号の上陸もとても心配です。

実家のある九州各県、宮崎はもちろんですが台風18号での被害が出ないことを祈るばかりです。

みなさんも台風情報をしっかり確認して危険の無いように準備をしていきましょう。

我が家は、これは地震災害用なんですが数年前に大き目のリュックに災害時の持ち出し袋を準備してあります。

こういう非常用の持ち出し袋も日ごろからしっかり中身のに直しなどをしておく必要がありますね。

日本はほんとうに災害の多い国です。最近はミサイルの攻撃にもさらされて、

日常生活が脅かされるばかりですが、身の安全を守るためにも緊急時にそなえ家族間でも時々避難の場所や方法やルート、連絡の方法なども確認しておきましょうね。

スポンサード リンク

シェアする

フォローする