檀ふみの今現在は?檀れいとの関係や父と母についても!結婚や子供は?

シェアする

こんにちは。
トミーです。

みなさん女優の檀ふみさんはご存知ですか?

最近は昔から知的なイメージの女優さんでした。

最近はあまり女優さんとしての活動はみられません。どうされているんでしょう。

そんな檀ふみさんの近況を調べてみました。

スポンサード リンク

檀ふみのプロフィール

檀ふみさんと言えば、日本で知らない人はいないと言ってもいい大物女優のおひとりですよね。

とてもお綺麗ですし品のいい、清純派女優そのものでいらっしゃいます。

1954年6月5日生まれとのことですので、檀ふみさんは現在63歳になられるはずですが、とてもそうは見えない美貌ですよね。

檀ふみ事務所に所属しておられるそうですが、名前そのままですから、おそらく個人事務所を構えていらっしゃるのでしょうね。

女優業が有名ですが声優やエッセイなどの執筆もされていて著書も数多くあります。

檀ふみさんのお父様である檀一雄さんの影響か、料理関連の本が多いようですね。

1999年には親友である阿川佐和子さんとの共著である「ああ言えばこう食う」で第15回講談社エッセイ賞を受賞されておられますし、

檀ふみさんは本当に料理がお得意なんだと思います。料理が苦手な私からすればうらやましい限りです。

東京都練馬区出身で5人兄弟の長女として育ったそうすが、檀ふみさんの学歴の高さにはちょっと驚かされました。

東京学芸大学付属大泉中学校から東京教育大学付属高等高等学校のことです。

中高一貫の国立高校として言わずと知れた名門校ですね。ちょっと調べて見ましたら偏差値77とありました。すごいですね。

慶應義塾大学に関してはもう、卒業生はそれだけで一目置かれる有名校ですから、とても育ちの良いお嬢様だったのだなと思います。

芸能界では阿川佐和子さんと仲が良いことで知られています。
ともに慶應義塾大学出身であったり作家を父に持つなど共通点が多くて気が合うのでしょうね。

スポンサード リンク

これまでの経歴は?

はじめての芸能活動は高校生の時、カナダでレポーターとしての仕事だったそうです。

1954年6月5日生まれとのことですので、現在63歳になられるはずですが、とてもそうは見えない美貌ですよね

映画デビューは1972年、叔父が京都撮影所の所長をされていたそうで、その縁で映画プロデューサーに声をかけられデビューしたとのことです。

その映画が高倉健さん主演の「昭和残狭伝破れ傘」です。なんでも高倉健さんのカッコよさにくらっと来て出演することにしたとか。わかる気はしますよね。

それ以降数多くの映画やドラマにご出演されていますのでとても数え切れませんが、昨年徹子の部屋にも出演されましたし、

直近で話題になったお仕事と言えばNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」の語りを務めたことでしょうか。

檀ふみさんはなんでも「暮しの手帖」の愛読者で、仕事選びに慎重なのに二つ返事で受けたそうですよ。

今年は10月15日からのTBS日曜劇場「陸王」に出演が決まっています。

出演作は慎重に選ぶ檀ふみさんが選ばれた作品ですからきっと面白くなると思います。

父と母について

そんな檀ふみさんですが、ご家族はどういった方々なのでしょうか。

檀ふみさんは5人兄弟の長女でいらっしゃいます。

上に兄が3人、下に妹が1人の兄弟構成だそうですが、実は檀ふみさんはお父様の2人目の奥様の娘として生まれたそうです。

父親は作家の檀一雄さんで、1912年福岡のお生まれです。

多くの小説や料理本を出版されています。

檀一雄さんのお母様が出奔し、お父様も料理ができなかったため自分がやるしかなかった環境の中、

否応なしに上手くなったとのことですが、きっと元々才能があったのでしょうね。

檀一雄さんは福岡の開業医の娘であった律子さんと結婚され、お二人の間の長男となる太郎さんが生まれます。が、律子さんは腸結核となり1946年に亡くなります。

律子さんの没後に書かれた「リツ子その愛」「リツ子その死」は代表作となっています。

その後酒造家の娘であるヨソ子さんと再婚され、次男、三男、檀ふみさんと妹さんはヨソ子さんとの間の娘として生まれました。

檀ふみさんが料理上手であったり文章の才能があったりするのはお父様譲りのようですね。

檀れいさんとの関係は?

檀という苗字はやはり珍しいので目につきますよね。

檀ふみさんと同じく女優として有名な檀れいさんがおられますが、あれ?同じ苗字だし?もしかして血縁関係にある?家族?

と勘違いしてしまう方もいらっしゃるようですが、実際のところどうなのでしょうか。

調べてみたところ、檀ふみさんと檀れいさんには血縁関係はありません。

檀ふみさんは本名なのですが、檀れいさんは芸名です。本名は旧姓山崎まゆみと言います。

言うまでもないですが、元宝塚歌劇団月組と星組のトップ娘役の方ですよね。

なんでも、本名のまゆみと同音の樹木である檀(まゆみと読む)をかけているそうです。

さらに檀はよくしなる樹なので「柔軟にどんな役でもこなせるように」という意味も込められているようです。

珍しい苗字だと目立って嫌だという方もいらっしゃるみたいですが、

檀ふみさんも檀れいさんも素敵な女優さんですので、全国の檀姓の方も少し誇らしい気分になったりできていたら良いなと思います。

終わりに

わたしが小さいころから活躍されている檀ふみさん。

女優さんとしてはわたしの印象が強いのは篠田三郎さんと恋人同士を演じていたドラマですた。しらべたら「優しい時代」というドラマだったみたいです。

他にも「華麗なる刑事」ではかわいい婦警さんを演じていました。

調べると檀ふみさん身長が170㎝もあるんですね!

モデルさんもいけたんじゃないでしょうか。

知的で清楚なイメージはいくつになっても変わりませんね。

クイズ番組への出演、エッセイ集の発売などマルチに活動されているのはやはりお父様の才能を引き継いでいるのかもしれません。

63歳とはおどろきましたが、美貌は衰えず。

これからもお身体に気を付けて活動を続けてほしいと思います。

なおご結婚はされていませんが、阿川佐和子さんに刺激を受けて、電撃結婚なんてことも期待しでいますよ。

きょうも最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

スポンサード リンク

シェアする

フォローする