森保一の今現在と嫁はどんな人?息子もサッカー選手か調べてみた!

シェアする

こんにちは。トミーです。

みなさんはサッカーは今日日がありますか?

サッカーといえば思い出すのが「ドーハの悲劇」ですね。

今回はその「ドーハの悲劇」を体験したサッカー東京五輪代表監督のご紹介です。

このほど、サッカー東京五輪代表監督に決まった森保一氏。彼はどんな方でしょうか。

スポンサード リンク

森保一氏のプロフィール

森保一(もりやすはじめ)

1968年8月23日生まれ

49歳

静岡県掛川市に生まれ、

名古屋市、横須賀市、唐津市、長崎市と転居を繰り返しました。

公式の資料では出身地は長崎市になっています

父親の仕事の関係で幼年期から各地を転居しました。

スポンサード リンク

実績について

小学5年生でサッカーを始め、長崎日本大学高等学校に進学、

攻撃的なMFとして山梨国体選抜に選ばれました。

その頃の愛称は「ポイチ」。

これは高校時代に試合に出ていた頃、「森保一」とたびたび勘違いされ、

それを見た同級生が「ポイチ」と呼び出しました。

そこから森保一氏は日本サッカーリーグのマツダ(現サンフレッチェ広島)に入団しましたが、

森保一氏は当初それほど評価は高くありませんでした。

森保一氏の転機となったのは監督に就任したハンス・オフトに見出されてから。

オフトが日本代表監督に就任すると森保一氏は日本代表に初招集されサクセスストーリーが始まりました。

その後、日本代表では不動のレギュラーとなり、「森保」と「ボランチ」の名前が脚光を浴びることとなります。

「ハンス・オフトの申し子」、「ビハインド・ザ・ボールの申し子」と呼ばれるようになります。

1993年にJリーグが開幕すると森保一氏はサンフレッチェ広島選手としてプレー、

1994年は広島のステージ優勝に貢献し、1997年までプレーしました。

森保一氏はボランチやトップ下、リベロとさまざまなポジションでプレーしましたが、

1995年7月に右足首を痛めた後は満足に活躍できなくなりました。

日本代表にもたびたび選出されラモス瑠偉と共に主力として活躍しましたが、

山口素宏氏にポジションを奪われ1996年2月を最後に代表から遠ざかりました。

森保一氏は1998年京都パープルサンガにレンタル移籍、主力としてチームを支え、

1999年に広島に復帰、Jリーグ通算200試合出場を達成しました。

その後はケガのため満足に出場できず、森保一氏はベガルタ仙台に移籍し主力として活躍しましたが2003年に仙台はJ2へ降格、

自身も戦力外通告を受け現役を引退しました。

指導者とては、2004年サンフレッチェ広島強化部のコーチに就任、U-19サッカー日本代表コーチと兼務しました。

その後、2007年のFIFA U-20ワールドカップにもコーチとして参加し、同年9月にはサンフレッチェ広島コーチに就任、

2010年にはアルビレックス新潟ヘッドコーチとなりました。

2012年にはクラブ史上初の生え抜き監督として古巣サンフレッチェ広島に戻り、1年目からJリーグ連覇を達成し、2017年まで監督を務めました。

結婚や妻について

森保一氏は私生活では、1990年に由美子夫人と結婚しました。

彼はいわゆるエリートでなく泥臭く這い上がってきておりますので、サッカーの神髄を理解し、トップ以外の選手の気持ちがよくわかります。

それで、森保一氏の監督としてチームマネジメント能力が高いとされていますが、家庭でのマネジメントについては奥さんに任せきりのようです。

まあ、サッカーの指導者として全国各地を飛び回っていますので致し方ない所ではあります。

子供を立派に育て、彼に変わって家庭を守る由美子夫人には全く頭が上がらないようです。

オフシーズンなどは家族旅行が楽しみで、家族との時間を過ごすことで充電しています。

子供は?息子さんもサッカーを?

由美子夫人との間には3人の息子がおります。

1991年に長男翔平さん、1993年に次男圭吾さん、2000年に三男保陸さんが誕生しております。

長男翔平さんは現在26歳、お父さんの母校である長崎日大高校から法政大学、

広島ユースを経てDFとしてカマタマーレ讃岐に在籍しており、2015年に契約期間満了で退団、現在所属先を模索中で未定となっています。

2009年にはU-18日本代表に選ばれました。

次男圭吾さんは22歳、流通経済大学を卒業し、オーストラリア2部で北ニューサウスウェールズ地区のエッジワース・イーグルスに入団しておりMFとして活躍しております。

三男保陸さんは、広島県立吉田高等学校に在籍しつつサンフレッチェ広島FCのユースでDFとして所属しておりトップチームを目指しております。

3人ともかなり高いレベルでプレーしておりますので、お父さんの指導や助言が効いているようです。森保一氏の実弟には森保洋がおります。

マツダオート広島サッカー部から西濃運輸サッカー部、鳥栖フューチャーズ、サガン鳥栖を経て久留米アゼリアFCで引退しております。

その後、サガン鳥栖下部コーチ、サガン鳥栖U-18監督、久留米アゼリアFC総監督を経て、サガン鳥栖アカデミーダイレクターとなっております。

まとめ

今回、彼の軌跡を調べてみて、日本サッカー界における彼の偉大さと存在感、リーダーシップを改めて感じました。

また、彼にとってハンス・オフト監督との出会いがなければ全く違う人生になっていたはずです。

運の良さを感じました。今でこそハードワークは当たり前になっておりますが、

そんな言葉が生まれる前からハードワークの先駆け的な存在となった彼だからこそ、その運を呼び込んだのでしょう。

オフト監督時代の日本代表は、ラモス瑠偉、中山雅史、カズ三浦、武田修宏などの豪華攻撃陣が充実しておりましたが、

その攻撃時の守備の穴をハードワークでカバーしたのは森保一氏だったと言えます。

私は日本人として、ワールドカップ日本代表監督となるのはドーハの悲劇を経験している彼が適任だと思います。

彼ならば日本代表を率いて、ワールドカップで上位に食い込んでくれるはずです。ちなみに誕生日が私と同じでした。

ワールドカップは2018年6月からロシアで開催予定です。

アジアからは日本のほか、韓国、イラン。サウジアラビアが出場します。

ちょっと悔しいのは韓国のほうが日本より出場回数が多かったことです。

日本は6大会連続6回目ですが韓国が9大会連続の10回目の出場。

なんと。。サッカーでは韓国に先をこされていたとは!

知らなかったのはわたしだけでしたか?

不動の王者ブラジルは21年連続21回の出場。

ドイツ(前回優勝)は17回連続の19回目の出場です。

めっちゃ強い国ばかりの中で戦うのは応援している日本国民もドキドキですが

もうファンの心を借りるつもりで頑張って欲しいですよね。

でも日本も6回目の出場ならもうワールドカップもベテランですよ。

森保一監督もこの大抜擢にプレッシャーもあると思いますが選手の力を信じて思い切りプレーさせてあげてほしいと思います。

このままだとひょっとしてオリンピックまで森保一監督が担当するとなると

ひょっとしたら森保一監督のお子さんたちの出場もあるかもしれませんね。

親子2代でのオリンピック出場。

それより先にワールドカップへの代表などは現実的ではないのでしょうか。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサード リンク

シェアする

フォローする