原節子はハーフだった?結婚や子供についてと最近の生活は?出川哲郎とも関係が?

シェアする

こんにちは。

永遠の処女といわれた

原節子さんが亡くなりました。

95歳だったそうです。

死因は肺炎だそうです。

スポンサードリンク

原節子さんプロフィール

本名は会田昌江(あいだ・まさえ)

生年月日:1920年6月17日

没年月日:2015年9月5日

享年:95歳

出身地:横浜市保土ケ谷

まだご存命だったとは知りませんでした。

原節子さんは1935年(昭10)に日活多摩川撮影所に入社。

同年「ためらふ勿れ若人よ」(田口哲監督)でデビューし、

芸名は同映画の役名のお節ちゃんが由来。

37年日独合作映画「新しき土」で日本人女優として初めて外国映画に出演。

戦後は成瀬巳喜男、黒沢明、吉村公三郎、今井正、小津安二郎ら巨匠の作品に出演。

特に成瀬監督「めし」、

小津監督「晩春」「東京物語」などは高く評価されました。

51年ブルーリボン賞、毎日映画コンクールの主演女優賞を獲得。

未婚だったそうです。

原節子さんと言えばわたしは

「東京物語」が印象的です。

Tokyo_Story

小津安二郎監督作品だったんですね

小津監督と言えば

よく笠智衆さんも登場していました。

わたし笠さん好きだったんですよ。

笠智衆(りゅうちしゅう)さんもご出演の

後に小津安二郎監督の傑作といわれる「東京物語」は

戦死した夫の両親を親身になって面倒をみる嫁を原さんが演じました。

人間の孤独感や死生観をテーマにした作品だったそうです。

原節子さんは見事に演じました。

これまでの映画出演作

「ためらふ勿れ若人よ」1935年

「嫁ぐ日まで」1940年

「わが青春に悔いなし」1946年

「お嬢さんに乾杯」1949年

「白痴」1951年

「東京物語」1953年

「ノンちゃん雲の乗る」1955年

「智恵子抄」1957年

「東京の休日」1958年

「秋日和」1960年

「小早川家の秋」1961年

「娘と私」1962年

「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」1962年

など戦前から戦後にかけ約105作品にご出演されました。

そんな原節子さんは42歳で映画界から突然の引退されています。

その後いっさいマスコミには

姿を見せなかったそうです。

鎌倉にお住まいだったんですね。

引退理由は、視力低下、老いた姿をさらさないため、

など諸説あるそうですが

撮影中に原節子さんの実兄が原さんの目の前で事故死した悲劇が、

背景にあるといいます。

この悲劇は

53年7月10日午後7時30分すぎに

アングルを決めようとプラットホームから

線路側に身を乗り出した会田吉男カメラマンに、

手前で停止予定だった下り列車が突っ込んだ。という事故でした。

原因は連絡ミス。

翌日、息を引き取った吉男さんは、原節子さんの実兄でした。

出番を待っていた原節子さんは悲劇の一部始終を見ていたそうです。

たしかに、このような悲劇を経験していまうと

カメラに向かうのも怖くなるかもしれませんね。

実は「東京物語」はこの悲劇の直後の撮影だったそうです。

つらいなかで渾身の演技だったんですね。

スポンサードリンク

ハーフだったの?

原節子さんは、とっても美しくて顔立ちが

なんとなく西洋風ですよね。眼が大きい!それで

ハーフの噂もあったようなんです。

確かに目鼻立ちがはっきりしていて、西洋人とのハーフなんだと

言われれば信じる人も多いかもしれません。

ですが原節子さんの両親は会田藤之助・ミナという名前で、

いずれも日本人なんですね。

純粋な日本人とは言え、ほんとうに目鼻立ちくっきりの美人です。

まあハーフの噂が流れるのも無理も無いかもです。

原節子さんのご実家、

会田家は代々東京・日本橋で問屋を営んでおり、

外国人の血が入っていたという話は本当にないそうです。

しかもお笑い芸人の

出川哲郎さんと遠い親戚にあたるんだとか。。

出川哲朗さんともまったく似ていませんけど(笑

石井佐助(哲朗さん曽祖父)の弟、

精造の妻・石井緑園さんが

原節子さんのお姉さんらしいです。

ということは原節子さんと出川哲朗さんは

ほとんど血はつながっていですよね。

親戚と言えば親戚かな。。というくらいでしょうか。

原節子さんは ご実家は鎌倉だったそうで引退後も

ずっと鎌倉でお住まいだったようです。

親は代々日本橋でお店を営んでおたようですが、

原節子さんは鎌倉で生活されていてのか。

「浄妙寺」というお寺の近くに暮らしていたそうです

平成14年ごろからは

都内の医療施設に入院されていたという情報もあります。

その頃すでに80代ですからそれもうなずけます。

原節子さんが銀幕のスターとして活躍されていたのは1950年代。

わたしもまだ生まれていない頃。

40代で引退された原節子さんはわたしが生まれた当時もすでに

伝説の女優さんでした。

引退してからもう何十年もたつのにいまだに出演作は度々

映画館での上映やテレビでの放映でその度に原節子さんについて

今どうされているんだろうと話題になっていました。

今でもどこかでお元気で暮らしている。

そんな思いでずっときましたが訃報に接し

また昭和のスターが一人お亡くなりになってしまったんだと

本当に残念な気持ち出いっぱいです。

永遠の処女

原節子さんの

ご冥福をお祈りします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

原節子さんはお亡くなりになりましたが、

原節子さんがご出演になった作品はこれからも

世代を超えて名作として残って行きます。

きょうも記事を読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする