青木宣親が引退危機?脳震盪の後遺症についてと休養の期間など!

シェアする

こんにちは。

追記:2018年7月5日

以下の記事は2015年青木宣親選手がデッドボールを受け脳震盪で休養された当時の記事です。

当時はほんとうに心配でした。

脳のことって後々になって後遺症が現れたりしますから。。

青木宣親選手は大リーグでもこのような事故、怪我と戦いながらも

立派に頑張りました。

そして2018年古巣のヤクルトスワローズに復帰。

現在の活躍ぶりはみなさんもよくご存知ですね。

以下2015年の記事です。

大リーグジャイアンツの青木宣親選手をご存知ですか?

2004年ヤクルトスワローズに入団

その後大リーグにチャレンジし

今年はジャイアンツでの活躍が期待されている矢先

8月のデッドボールが原因の脳震盪(のうしんとう)

で休養を余儀なくされています。

スポンサードリンク

青木宣親選手のプロフィール

生年月日:1982年1月5日(33歳)

出身地:宮崎県日向市

出身校:日向市立富島中学校

宮崎県立日向高等学校

早稲田大学人間科学部スポーツ科を卒業

大学で本格的に野球の世界へ。

経歴は

青木宣親選手は2004年ドラフト会議の4順目で指名を受けヤクルトスワローズに入団

ヤクルトスワローズ入団後は打者として活躍。

2006年にはMBCにも選ばれオールスター戦ではMVPに選ばれています。

2009年シーズン終了後にテレビ東京のアナウンサー青木佐知さん(旧姓・大竹)と結婚し、2児の父となっています。

そして大リーグへ挑戦します。

2011年ミルウォーキー・ブルワーズへ入団

2014年カンザスシティ・ロイヤルズへウィル・スミスとトレードで入団

2015年1月サンフランシスコ・ジャイアンツと

年俸470万ドルで入団

ジャイアンツでは開幕から1番スタメンで起用され、

開幕から9試合連続安打を記録、

ブルワーズ戦では3試合で9安打を記録。

また5戦連続マルチ安打も記録

6月は11日のニューヨーク・メッツ戦まで

8試合連続安打を記録そんな好調だった青木宣親選手ですが

6月20日にで右足にデッドボールを受け右足腓骨を骨折.

リハビリから復帰したばかりの8月9日のカブス戦で

約148キロの速球が頭を直撃再び故障者リストへ。

20日に復帰したそうですが、

今度はデッドボールの際の脳震盪の後遺症が出現。

これってわざとじゃないのというくらいデッドボール多いですね。

スポンサードリンク

脳震盪(のうしんとう)って?

頭部に衝撃を受けた直後に発症する、

一過性および可逆性の意識や記憶の喪失を伴う症状です。

脳震盪はスポーツ選手に多い症状なんです。

特に有名なのはボクシングです。

そしてアイスホッケーやラグビーなどです。

野球は上がっていませんがデッドボールを頭部に受け

後遺症で選手生命を絶たれた選手もいたそうです。

野球はもちろんプロの投げるボールが凶器となるわけですが

アイスホッケーやラグビーもスピードを出してぶつかり合う競技なんで

頭部にダメージを受けることも多いのでしょうね。

症状は?

・意識障害

・頭痛

・耳鳴り

・物忘れ

・めまい

・聴覚障害

・はきけ

・手足の震え

・焦点が合わない

など。

青木宣親選手の症状は?

記者の質問に

「胸が苦しかったり、

目を動かすと頭が重くなったりする。

感情のコントロールができない感じ。

前回は感情の起伏はなかったが、

今はイライラすることもあるし

音とかも気になる。

以前とは違う症状がいろいろ出ている」

と答えています。

特徴的な脳震盪の症状とは違いますが

だからこそ心配です。

感情的な変化もあるなんて

青木宣親選手の焦りの気持ちもあるのでしょうか?

眼の焦点が合わなければたしかにイライラしてつらいでしょうね。

すごい速さで飛んでくる野球ボールを瞬時にとらえ

バットに当てるわけですから眼の良さと集中力がとても大切です。

2015年のシーズンの関して青木宣親選手は

今後は専門医がいるピッツバーグへ向かい、

診察を受ける予定とのこと。

青木選手の症状は少しずつ良くなっているそうですが

復帰時期は専門医の判断によりますが

球団も慎重で今シーズンの復帰は難しいかもしれないとのこと

再発すると症状を繰り返すとも言われています。

脳震盪は起こしていない脳より6倍も起こしやすくなるそうです。

しかも再度症状が出ると脳神経障害も進行しやすいそうです。

ひどい場合には生命の危険もあるとか。

それは選手生命にも影響がある可能性もあるとのこと。

治療法は?

症状が強ければイライラしつらいことと思います。

検査結果がどうであれ、

今は焦らず症状が落ち着くまで

ゆっくり休養して欲しいですよね。

そしてまた青木宣親選手が打者として活躍する姿を待っています!

追記:2016年青木選手の所属するジャイアンツの

GMが青木選手との契約延長の選択権を行使しないことを記者会見で

伝えたそうです。

脳震盪の後遺症は改善していきているそうですが、

やはりまだ完全な状態じゃない選手との契約は難しいのでしょうか。

ただGMは「これはタイミングの問題。(青木との)交渉は続ける」と

してフリーエージェントとして再契約を交わす可能性があることを

示唆したそうですがだったらさっさと契約してちょうだい。ですね。

青木選手の来季の去就が注目されます!

追記:

来季(2016年)

マリナーズとの契約が公表されましたね。

新しいチームで頑張ってほしいです!

さらに追記:2018年7月5日

古巣のヤクルトスワローズで大活躍の青木宣親選手。

今シーズンのヤクルトの躍進は青木宣親選手の存在なくしては

語れないくらいです。

青木宣親選手はわたしの中学、高校の後輩でもあります。

あんな弱小の中学、高校の野球部を経てよくぞここまで

一時代を築く選手になってくれたと。感無量です。

これからもいつ脳震盪の後遺症が出るかもしれませんが、

ご家族のフォローもきっとあるのでしょう。

くれぐれも身体に注意して頑張っていただきたいと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする